音楽家専用ブログ

音楽家に役立つ記事を配信します

今年の「音楽家になるためのセミナー」開催の理由

音ため(おんため)

この方々が2023年の勝ち組です

「おんため」として長年開催してきた「音楽家になるためのセミナー」ですが、2017年、2018年と不開催でした。スタッフも私もトータル・ギター・メソッドⓇの制作でてんやわんやだったからです。2012年から5年連続で受講してた方々もいました。通常のお仕事をしながら兼業音楽家として軌道に乗って大活躍していました。その方々が2020年に個別相談を申し込んできました。

「コロナで全てがパーになって・・・」

そうなんです。時代の変換タイミングでの「軌道修正を間違えた」、いやどちらかというと「軌道修正しなかった」んです。これが最大の過ちでした。1人は当時37歳、1人は50歳でした。ただのサラリーマンに戻ってしまいました。

悔やみきれない

私としても最大のコーチング失敗体験でした。大きな責任を感じました。私と一緒に考えた事が反対に作用したり、皆で挑戦しまくった結果として失敗したらなら、学ぶ物も多いはずです。だからこれは許せるのですが、この件では違いました。私が2017年2018年と「何もしなかった」ことが原因で、クライアントが時代の変換タイミングで「何もしなかった」ため、音楽人生が無くなった・・・これは悔やんでも悔やみきれません。

今年もこんな事態を招いてしまうのではと恐怖でした。

離岸流

サーフィン、オープン・ウォーター・スイミング、トライアスロンをやる私にとって離岸流を見ると、恐怖→自制心→対応のスリーステップで対応します。ちなみに離岸流とはビーチで沖に向かって突如強烈な流れが発生することです。人間の力では太刀打ちできない強い流れです。抵抗しようとすると100%力尽きて死にます。かといって、抵抗しなかったら沖に流されて死にます。不可抗力なんです。これが恐怖です。しかし、そこでパニックになったら死ぬ時間を早めてるだけです。自制心が必要なんです。そして冷静に考えて離岸流に縦に乗りながら横幅を見極めて流れの外に行きます。その間にもランドマーク(陸のマーク)を探して元の位置を覚えます。体力温存のために動きを最小限にします。どれくらい泳いだらレスキューに発見される位置にこれるかを計算します。共に流された人々と最小限の会話で、方針を共有します。そしてできる限り心拍数を上げずに遠泳します。これが対応です。

彼らはこのスリーステップができなかったんです。「離岸流の対応方法くらい泳ぐ前に教えてくれよ!」と言われそうです。だけど、言い訳させて下さい。これから起こりうる全ての障害を「仮定の議論」として話し始めると、宇宙人が襲ってくることも想定しなくてはなりません。キリがないんです。

今年は違う

しかし、今年は話が違います。コロナのようなちょっとした離岸流じゃなくて、海の流れが変わるんです。今まで見たことのない方向に変わってるんです。前後左右に流れてた水が上下に動き出すようなイメージです。今までの価値観では考えられない流れです。そして、今年が特別なのが

流れが変わることがあらかじめ分かっている

ところです。コロナのように急に起こるんじゃないんです。予測が付くんです。つまり仮定の議論ではなく、対応の準備ができるわけです。

開催の3つの理由

1つ目

先日「音楽家のweb3.0セミナー」を実施しました。参加者の全員がこの対応の準備ができる素晴らしい芸術家でした。目の輝きが違います。今年初めての開催ですので、彼らをフォローアップするのは私の義務だと感じています。このフォローアップの大切さは「フォローアップとは」で検索してみてください。私がいうまでもありません。だから「音楽家のweb3.0セミナー」参加者にはあり得ないくらいの料金優遇と特別待遇で「音楽家になるためのセミナー」にご参加頂けるようにします。これが1つ目であり、最大の理由です。

2つ目

残念ながら満席で「音楽家のweb3.0セミナー」に参加できなかった方が多くいました。あえて、こう言いましょう。「あなた遅いんです」次の時代は即決即断の早い者勝ちでの生き残り戦です。これに気付いて欲しと言うのが一つです。そして「音楽家のweb3.0セミナー」の大枠だけを「音楽家になるためのセミナー」注入することで、後で上記の「音楽家のweb3.0セミナー」参加者などの詳しい人に質問したり、自分でリサーチするきっかけだけでも持って欲しいというのが2つ目の理由です。

(「音楽家のweb3.0セミナー」参加の方々の発想は私も大変勉強になりました。私を音楽の辞書、音楽の歴史の辞書、数学・統計・心理の辞書として使いながら音楽とご自身の得意分野を組み合わせていらっしゃいます。まさに次の時代に頼れる新進気鋭の音楽家です。)

3つ目

最後に残念ながら「音楽家のweb3.0セミナー」に経済的な理由で参加できなかった方もいました。車、子供の学費、家賃、ローン、保険・・・そりゃ大変でしょう。だけど、それらを含み自分の生活にいくら払ってますか?計算して下さい。自分の将来に投資できてないほどに、普段の生活で浪費してるんです。普段の消費のためにギター教室の先生でもやりますか?そんな人生ゴミだとは思いませんか?一転させるチャンスを逃したんです。だけど!こんな方々の中にも素晴らしい音楽家がいるんです。だから、なんとか消費・浪費・投資が混乱してる方の脳内を整理して2023年に勝ち組になるように仕向けたいというのが3つ目の理由です。

まとめ

今日も平日・・ご出勤ですか?お疲れ様です。

「音楽家になるためのセミナー」は11月23日祝日です。

16歳以上の音楽家ならどなたでも参加頂けます。

「詳細希望・お名前」とメールお待ちしています。

asiansoundinternational(アットマーク)gmail.com

この記事公開日に空きがあるかどうかは不明です。