音楽家の暗号資産

暗号資産の「困った」を解決します。

【5分でできる!】音楽家が演奏前に必ずやるべきたった1つのこと

演奏前

音楽家は理想通りの演奏ができる時と、理想からかけ離れた演奏をしてしまう時があります。これはたった1つの演奏前に必ずやるべき事をするだけで100%理想通りん演奏が出来るようになります。

結論

音楽家が演奏前に必ずやるべきたった1つのことは「5分間の条件付け」です。これを私達の心理学・脳科学のコーチング用語で「コンディショニング」と言います。

条件付け

有名な研究で仕掛け人が「コーヒーちょっと持ってて」と頼んで数秒靴紐を結んだりします。その30分後別の仕掛け人が短い物語を別の場所で聞かせます。そして登場人物の性格を聞きます。最初の仕掛け人からアイスコーヒーを渡された人は「登場人物は冷たい人」と答え、ホットコーヒーを渡された人は「登場人物は温かい人」と答えたんです。

いかに私達が外的刺激により「簡単に条件付け」されるかが分かります。

具体的な方法

音楽家は演奏前にその私達人間の「簡単に条件付けされる性質」を良い方向に利用します。具体的な方法は簡単「自分が理想としている音楽を5分聴く」だけです。自然とそのような演奏になります。しかし、これだけでは聴覚しか刺激してませんので、自分が聴取者に聴いてもらって「想い浮かべて欲しい情景を写真や映像で観ます。」これで視覚も刺激できます。この作業を演奏前に5分やるだけで驚くような変化があるので試して下さい。

常態も注意

ちょっとした注意点として、自分が美しく爽やかな演奏を理想としてるのに、部屋が散らかってたり、ゴミだらけだったりしたらダメです。いくら上記の条件付けをしても「上っ面」の音楽になります。

Your music is utterly superficial.

(あなたの音楽は完全に表面的なものです)

私がアメリカにて1000人規模で講演する時は「最初に全員を敵に回してから徐々に味方に付けていく手法」で話します。その最初のセリフがこれです。

自分の常態を管理していれば、上記の5分の条件付けの効果も最大限に発揮できます。

ちなみに

私自身も演奏前にやっていますし、常態も管理しています。さらには一人でレコーディングする時も人前に立ってる時と同じ格好で演奏しています。

出るんですよ・・・音楽に。

f:id:totalguitarmethod:20220416101656j:plain

制作前には実際に情景描写する地を訪れます(上記はカスピ海)

まとめ

音楽家が演奏前に必ずやるべきたった1つのことは、聴取者に想い浮かべて欲しい情景を写真や映像で観ながら、自分が理想としている音楽を5分聴くだけです。常態管理にも注意して下さい。

この記事がすべての音楽家の参考になれば嬉しいです。今年の音楽家のコーチング・セミナーは満席ですので1年3ヶ月後の2023年7月をお待ち下さい。(待てない方は個人的相談をHPのお問合せフォームか、トータル・ギター・メソッドⓇの質問スレッドからどうぞ)

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain