ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

軽く病んでるギタリストがプリッと復活する7つの方法

不安定・・・

f:id:totalguitarmethod:20200611110918p:plain
急に忙しくなったり、急に家にいろと言われたり、急に忙しさ倍増になったり、急にお財布ピンチになったり・・・学生さんも社会人もバタバタになって軽く病んでるようです。たくさんの方がカウンセリングにお見えになりますが、軽傷の方は自分で復活できるんですよ。

どうやる?

分かりませんよね?

心配無用です。

この記事を読んだら、軽く病んでるギタリストがプリッと復活する7つの方法が分かりますよ。

①困難と考えたり言葉に出したりしない

「あぁ、大変だなぁ」と思うと、その困難が倍の重みになっちゃいます。「あぁ、大変だなぁ」と言葉に出すと、さらに倍になっちゃいます。考えないのが無理なら、まずは言葉にださないことからスタート。

②3つの言葉を使う

「チャレンジ」「ミッション」「神からの課題」の3つの言葉を使えば不思議と何でも乗り越えられるんです。例えば、無理難題があっても「よし、これは今期のチャレンジだ!」と言ったり、仕事が山積みだとしても「これをこなすことがミッションだ!」と言ったり、先輩の命令で重い物を運ばなきゃいけないとしても「これは体力と精神力を身に付けるための神からの課題だな!」と言えば、軽く病んでる状態からはプリッと復活できちゃいます。

③デカい壁を見たら半笑いになる

「これはヤバい!」「これは無理!」「これはしんどい!」というデカい壁が見つかったら、「おぉぉぉ、と、言うことはこれを乗り越えた時の自分ってものすごい大成功が待ってるってことだ・・・ふふふ」と半笑いになるといいでしょう。そんなデカい壁というチャンスを得られてるの自分だけかもしれないですしね。

④両方できると思う

仕事忙しい・・・おまけに親の介護もやらなきゃいけなくなった・・・よくある話です。最初は「時間ない」「どっちか選ばなきゃいけない」「身動き取れない」と思っちゃうんですけど、どっちもできちゃうんですよね。だから2つの選択肢を見たら「ありゃ?選択ってかどっちもできるじゃん!」って考えましょう。

⑤好転反応と思う

私達アスリートも体調管理のために、ファスティング(絶食)したら一時的に吹き出物ができちゃうんです。「おいおい!体調悪くなってじゃない?!」と思っちゃうんですが、これは改善される前の一時的な悪化なので好転反応なんです。

そりゃどう考えても嫌なことって起こっちゃいます。そんな時は「あ、好転反応だ!」と思えばオーケーです。どうせそんな嫌なことって続かないですしね。

⑥1%の悪いことを見てしまってると思う

日本人は贅沢癖が付いてるので1%の悪いことを見て「自分は悲惨」と思っちゃうんです。今、起こってる自分にとっての悪いことが「リストラ」だとしても、生きてること50%、健康であること20%、日本人であること10%、衣食住に困らないこと10%の合計90%で、残りの10%が、人間関係1%、仕事1%、勉強1%、趣味1%、家族1%、恋愛1%・・・みたいな感じなんです。ど〜でもいいくらい小さなことですよ。

⑦みんなが通る道だとおもう

どうも相談してくる方は「自分だけに悲劇が起こってる」と思うようです。2008年は「自分だけが経済的損失を被った」ような相談ばかりでした。2011年の3.11の後は「自分だけ地震被害に遭った」ような相談ばかりでした。2020年のコロナ後は「自分だけ家で自粛させられてた」「自分だけ急に忙しくなった」ような相談ばかりです。みんな同じ道を通るんですよね。だから解決策は転がってるんです。探せばいいだけ。

まとめ

とは言っても、病んじゃいますよね・・・お気持ち分かります。いつでも相談して下さい。

マスク着用義務、2メートル離れるなどの条件はありますが、スポット相談(カウンセリング)再開しました。

津本幸司

上記はクソ高いので、難しい方は以下のトータル・ギター・メソッド質問スレッドから。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain