ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【初心者必見】弾き語りの練習方法5ステップ

弾き語り

f:id:totalguitarmethod:20200123095349j:plain
ギターを弾きながら歌う弾き語り・・・できるようになりたいですよね。でも、どこから手を付けていいか分からない・・・お気持ち分かります。

心配無用です。

この記事を読んだら、弾き語りの練習方法5ステップが分かりますよ。

ステップ①左手コードを覚える

何もかも同時に始めようとしてはいけません。ごちゃごちゃになっちゃいます。すぐにでも歌いたい気持ちは分かりますが、これを我慢するのがポイントです。そして右手でジャンジャカ弾きたくなる気持ちも分かるのですが、これも我慢です。
まず、左手でコードの押さえ方を覚えましょう。どんな曲を弾き語りしたいかわかりませんが、その曲に出てくるコードを全て左手で押さえて「形」を覚えましょう。右手は何もしなくて大丈夫です。

ステップ②コード進行をノンストップで抑える

特に覚えている必要はありませんが、コード・ネームを見ながらでもサッサと次のコードを押さえられるように練習します。この時に歌っても構いませんが、右手は何もしません。この右手を動かさないのがポイントです。

ステップ③右手のストローク・パターンを練習する

右手でジャンジャカ・ジャンジャカなどのストローク・パターンのみ練習します。コードは1個押さえておけば大丈夫です。

ステップ④コード進行全体をストローク・パターンで弾いてみる。

やっと曲全体を通す時が来ました。3分の曲なら3分で演奏して下さい。引っかかるところが出てきたら上記3つのどのステップで引っかかっているかを考えて下さい。コードを覚えてないのか、コード進行で引っかかってるのか、右手のパターンが苦手なのかを確認するのが大切です。それを考えず反復練習しても足踏してるだけですので注意して下さい。

ステップ⑤歌と合わせる

全体が通せたらやっと自分というヴォーカリストさんに登場して頂きましょう。もちろん、事前に歌の練習はしておいて下さいね。

まとめ

弾き語りの練習方法5ステップでした。
何か分からないことがあればいつでも相談して下さい。
トータル・ギター・メソッド会員様限定)

初心者ギタリストを応援しています。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain