ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【はじめてのギターのエフェクタ選び】5ステップ!

ギターのエフェクター

f:id:totalguitarmethod:20200430105117j:plain

エレクトリック・ギターの最大の楽しみの1つは、なんといってもエフェクター選びでしょう。ありとあらゆるエフェターが売られています。迷うのが楽しい!だけど、あり過ぎてどれから買えばいいか分からない・・・

心配無用です。

この記事を読んだら、初めてのギターのエフェクター選びの5ステップが分かりますよ。

ステップ①憧れサウンドを決める

エフェクターを選ぶ前に「こんな音が出したい!」という憧れサウンドを決定しましょう。例えば、ロック・バンドの「ジャ〜ン・ズクズク」という音だったり、ポップス・バンドのキレイなコードの「シャラシャラ〜」とした音だったり、エコーが掛かったような音だったり、「ワウゥワァウ」という雰囲気の音だったりです。

ステップ②憧れサウンドに必要なエフェクターの種類を知る

憧れサウンドが決まったら、その音を出すために必要なエフェクターの種類を勉強しましょう。文字では伝わりにくいのですが、上記の例だと、ロック・バンドの「ジャ~ン・ズクズク」という音は「ディストーション」、キレイなコードの「シャラシャラ~」とした音は「コーラス」、エコーが掛かったような音は「ディレイ」、「ワウゥワァウ」という雰囲気の音は「ワウ・ペダル」になります。これはネットで調べるのが面倒なら楽器屋さんに聞いたらいいでしょう。(もちろん、トータル・ギター・メソッドの会員様は私に聞いて下さい)

ステップ③王道メーカーを知る

自分の憧れサウンドに必要なエフェクターの種類が分かったら、そのエフェクターの王道メーカーを勉強して下さい。「○○エフェクター オススメ」で検索して出てくる記事を5,6個読めば重複するメーカーで王道か否かが分かります。

ステップ④予算を決める

上記のステップ③で値段の相場が分かったと思いますので予算を決めて下さい。読者の方の経済事情は分かりませんが、ザッと5,000円から2万円くらいでしょうか。中国系のエフェクターは2千円台のモノもあります(あまりオススメはしませんが)。

ステップ⑤1個買っちゃう!

予算に合うエフェクターを一個買っちゃって下さい。最初のエフェクターで理想通りの音が出せるなんて奇跡です。必ず失敗します。多分向こう数十回は失敗します。だから迷っても無駄です。買っちゃって、そのエフェクターについて詳しくなって、すぐ売って、違うの買う・・・。これが楽しいんですよ。昔は楽器屋さんに下取りに出して、買い取って貰って、新しいの買って・・・って結構面倒でした。でも今はメルカリでもなんでもありますので楽ちんですね。

まとめ

ステップ③と④の参考になればと過去に大量のオススメ3選の記事を書いてますので参考にして下さい。

津本幸司(ちなみに教則メソッドは一択です)

f:id:totalguitarmethod:20190529110248j:plain