ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【40代50代必見!】オヤジ・ギタリストが上手くあり続ける方法

40代50代

f:id:totalguitarmethod:20200706091524p:plain
頭も、体も、指も動きにくくなる40〜50代・・・若い人達のように上手くならないもんか・・・私も46歳・・・お気持ち分かります。

(トータル・ギター・メソッドお客様の声)

心配無用です。

この記事を読んだら、オヤジ・ギタリストが上手くあり続ける方法が分かりますよ。

持ち物整理

方法を知る前に若い自分と4,50代の自分の持ち物の違いを整理しておきましょう。若い自分が持ってたモノは「若さ、体力、体型、頭の回転、新しい発想、素直さ、希望、未来」などですが、同時に「不安、無知、貧乏」などの負の要素も持ってましたよね。4,50代の自分には若さや体力や頭の回転などはないものの、将来は安泰で、社会経験による知恵もあり、ある程度経済的に安定していますよね。これらの持ち物ってスポーツをやる上では圧倒的に若い自分の方が有利なんですが、音楽をやる上で、その持ち物の重要度を天秤に掛けたらどっちも同じようなもんなんですよね。

筋トレと同じ

ギターのみならず楽器演奏というのは身体のトレーニングと同じであることは昔から言われていることです。筋トレして急にマッチョにならなかったり、マラソンの選手が急に速く走れるようにならないとの同じで、私達も急にギターが上手くなったりしません。ちょっとずつです。年月を掛けていつの間にか上手くなってるというのが楽器の特徴です。

維持が大切

大切なのは「上達」よりも「維持」なんです。筋トレもちょっとサボったらブヨブヨになっちゃいますし、マラソン選手も練習サボると遅くなります。上達はゆっくりなのに、後退のスピードは早い・・・イヤになっちゃいますが、避けられない事実です。

上手くなるほど維持も大変

初心者の時期ってある程度スムーズに上達するもんです。4,50代の経験豊富なギタリストはなかなか上達しません。しかもその「維持」がめちゃくちゃ大変・・・これも避けられない事実です。私自身、演奏技術や体型維持、アスリートとしての成績維持は死ぬ思いでやってますが、2,30代の自分を「維持」するのに当時の3倍の時間が掛かります。だからと言って「維持」への努力をサボると生きるのを諦めたようなもんですからできません。

しんどすぎる?

4,50代のギタリストにとって「維持」のために死ぬほど時間を使うのってしんどいですよね。そこでお勧めなのが「維持する行為を目的として楽しむ」ことです。体型維持のために「5時間ウォーキングするぞ!」ってのはしんどいですが「ハイキングに行こう!」だったら5時間くらいあっという間です。「ジムで毎日筋トレするぞ!」というのはしんどくて続かないのですが「ジムの受付のね〜ちゃんに会いたい!」だったら1日2回でもジムに行けそうですよね、しかも奥さんに怪しまれずに(笑)。「ダブル・スプリットと言って一日のトレーニングは2回に分けた方が効率敵なんだ」とかウンチクまで調べ始めます(実際に私の知り合いにいたんです・・・実話です)。

お分かりのように当然、その「維持」を楽しむギター・ライフを提案したのがトータル・ギター・メソッドなんです。この期に及んで「買って!買って!」と言うまでもありません。4,50代の方が「維持」を楽しんでおられる姿を毎日みてただただ満足です。

まとめ

4,50代のギタリストは若い人と比べてハンディはないんです。筋トレと同じようにちょっとずつ上手くなるもので、維持が大変なので楽しみながら維持するといいですよ〜

・・・

ってのが、記事のまとめなんですが!!

私もそんじょそこらの音楽教育家ではありません!トータル・ギター・メソッドは、その「維持」を楽しんでると、いつの間にか若い自分よりも上達しているようにプログラムしてるんです。会員様が会員同士で「恐るべし!TGM!」と驚いていらっしゃるのを、私は「ふっふっふっ・・・」と思いながら見ています。ま、こっそり若いギタリストに勝ちましょ!もちろん、若いギタリストがトータル・ギター・メソッド使ったら鬼に金棒です。ぶっちぎろうぜ!4,50代ギタリスト達よ!

津本幸司

トータル・ギター・メソッドの始め方

www.youtube.comフェイスブック・レッスン公開

www.youtube.comオフライン・レッスン公開

www.youtube.com