ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ツーファイブとは

ツーファイブ

ツーファイブが2番目のコードと5番目のコードのことを意味することは想像できると思います。
「何から数えて2番目?」ってなりますよね。
これが混乱する原因です。

f:id:totalguitarmethod:20180909105303j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらツーファイブが何かわかりますよ。

アナライズ

コード進行を調べることを「アナライズする(分析する)」と言います。カッコイイ名前である反面、難しそうですよね。
この記事にローマ数字の使い方を含めたアナライズの方法を書きましたので見て下さい。

最も多く登場するコード進行が「ツーファイブ」です。
何にから数えて2番目と5番目か?
「解決先のコードから数えて2番目と5番目」です。
これがポイントです。
「キーの2番目と5番目」と考えてしまうと間違いです。

さらに2番目はマイナー・セブン、5番目はドミナント・セブン(マイナーとかメジャーとかが付かない普通のセブン)になります。

キー=Cメジャーとしましょう。

解決先のコードがCMaj7であると想定すると2番目はDm7、5番目はG7です。
だから、Dm7 G7の進行がCMaj7に対するツーファイブです。

これがたまたまキーの2番目と5番目になってるから、間違えて「キーの2番目と5番目がツーファイブ」と考えてしまうわけです。ネット上での説明はこればかりです。

もし解決先がDm7であれば

Em7とA7がツーファイブ

解決先がFMaj7であれば

Gm7とC7ツーファイブ。

なわけです。

キーもへったくれも関係ありません。

ブラケット

ツーファイブの動きは「ブラケット」というホチキスの針をヒックリ返したようなマークを書きます。

f:id:totalguitarmethod:20180909104550j:plain

アロー

ツーヴァイブは解決することが目的です。解決先の1番目のコード、つまり「ワン」に解決している場合は「アロー」という弧を描く矢印をつけます。

f:id:totalguitarmethod:20180909104631j:plain

このマークで「ツー・ファイブ・ワンの進行だ!」と一目瞭然になり、この上でお得意ツーファイブ・フレーズも弾けますし、キーが変わっても怖くないですよね。

まとめ

ツー・ファイブ

  • 解決先のコードから2番目と5番目
  • 2番目はマイナー・セブン、5番目はドミナント・セブン
  • ブラケットとアローでマークを付ける

初心者の方にはこの情報だけで十分でしょう。

初心者ギタリストを応援しています。
津本幸司