ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターが上達する3つの問い

練習しても

どれだけ正しい練習をしても上手くならない・・・
良くある相談です。

f:id:totalguitarmethod:20180909194926j:plain

(1997年の私の部屋)

心配無用です。

この記事を読んだら自分を上達させることができますよ。

3つの問い

自分に以下の3つを問いかけて即答できれば上達しますよ。

1つ目

「なぜ自分はギター弾いてるのか?」
答えは色々あるでしょう。
好きだから、楽しいから、モテたいから、暇だから、そこにギターがあったから・・・なんでも良いでしょう。
即答できることが大切です。

2つ目

「なぜギターが好きなのか?」
これも同じくいろんな答えがあるでしょう。
楽しいから、かっこいいから、こんな夢があるから、こんな目標達成したいから・・・なんでも良いでしょう。
好きであることと、その理由が即答できることが大切です。

3つ目

「どこまで情熱を持ってギターを弾けるか?」
寝食を忘れてまで?ありえないくらい没頭できる?汗だくで帰ってきたらまずギターを弾きたいくらい?・・・なんでも良いでしょう
情熱を持ってギターを弾けることと、その情熱が「どのくらい」かが即答できることが大切です。

この記事にポール・ギルバートの事を書きましたが、彼には上記3つを問いかけるまでもないことが分かるでしょう。
ポールは
「俺、ギターさえ与えてくれれば一生刑務所くらしでも十分だよ!」
と、平気でいっていました。
多分、ホントです。

まとめ

自分を上達させるために3つ問いかけて下さい。

  • 「なぜ自分はギター弾いてるのか?」
  • 「なぜギターが好きなのか?」
  • 「どこまで情熱を持ってギターを弾けるか?」

私がプロに育てたギタリストで、この3つの問いかけに答えられて即答できなかった人はいません。
若い方は答えられるように、準備しておいて下さいね。
街でお目にかかってご挨拶するタイミングがあるなら、いきなり問いかけるかもしれませんよ。

若いギタリストを応援しています。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケール、カッティング、ブルース、ジャズのメソッドは以下の本にまとめています。どうぞ宜しくお願い致します。