ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【タッピングとは】今さら聞けないシリーズ

タッピング

「タッピングって何?」って今さら聞けないですよね。

心配無用です。

この記事を読んだらタッピングが何か分かりますよ。

定義

タッピングとは右手で弦を押さえることで弦を振動させる弾き方です。

人差し指、中指、薬指、小指のどれを使ってもいいのですが、最初は人差し指か中指でタッピングするのが良いでしょう。薬指や小指から始めるというのは難しいですし、実用的でないと思います。

f:id:totalguitarmethod:20190718145924j:plain

トータル・ギター・メソッドでは最初に中指を使うことをオススメしています。その理由は親指と人差し指でピックを持ったままタッピングできるからです。

押さえる方向

極力真上から押さえるようにして下さい。斜め上下から押さえると「軽くチョーキング」したような感じになってしまい、ピッチが不安定になります。

離す方向

上下(天井方向か地面方向)どちらかに「弦の振動を加える」ように離します。「引っかける」という表現は不適切だと思いますので、「弦の振動を加える」と表現しました。

注意

「タッピング」を「弦を叩く」と考えてはいけません。指定の音価分「押さえる」と考えなくてはいけません。

f:id:totalguitarmethod:20190718145800j:plain
この譜例はトータル・ギター・メソッドのテクニック編「タップ中指」から、ほんの少し抜粋したものです。このように高フレットでタッピングして開放弦を交えながら左手で押さえることで弦の振動を大きくする方法がよく用いられます。通常のフィンガリングでは得られない「音の高低差」が付けられるのもタッピングのメリットの1つです。さらに容易に高速で弾く事も可能です。

トータル・ギター・メソッドでは中指だけでなく薬指を用いたタッピングも初歩の段階で習得して頂いております。しかし、ブログのみの読者の方もいらっしゃることでしょう。まず上記のような中指のタッピングだけをマスターすることに集中して下さい。

まとめ

「タッピング」とは右手で弦を押さえることで弦を振動させる弾き方です。まずは中指を使うことをオススメします。「弦を叩く」と考えずに、指定の音価分「押さえる」と考えると丁寧な演奏ができるでしょう。

独学ギタリストを応援しています。

やり方が分からない場合はトータル・ギター・メソッドの質問ボタンからいつでもご相談下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain