ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【スウィープ・ピッキングとは】今さら聞けないシリーズ

スウィープ・ピッキング

スウィープ・ピッキングが今さら何か聞きにくいですよね。

ネットに出回ってるから知ってる?

いえいえ、多くのギタリストが間違ったスウィープ・ピッキングしてるんです。

心配無用です。

この記事を読んだら「正しいスウィープ・ピッキング」が分かりますよ。

定義

「スウィープ・ピッキング」とはエコノミー・ピッキングと同義です。

つまり、この記事に書いたように、「高音弦に移動する時は常にダウン・ピッキングで弾き、低音弦に移動する時は常にアップピッキングで弾く方法」です。

ただ

日本でスウィープ・ピッキングと言う場合はほとんどが「エコノミー・ピッキングでアルペジオを弾くこと」を指します。これが帰国子女の私としては「?」な所なのですが、郷に入っては郷に従うということで、長年この日本の風習に従って雑誌記事なども執筆してきました。まぁ、たかが言葉の使い方なんで面倒ですから、この記事でも【スウィープ=エコノミーでアルペジオ】としちゃいましょう。そして、それを「スウィープのアルペジオ」とでも呼んじゃいましょう。んで、その注意点を考えましょう。


それスウィープじゃないんです

多くの人がやってるスウィープのアルペジオを見ていると・・・

それ・・・

スウィープじゃないんだけど・・・

と、いう弾き方にしばしば遭遇します。

例えば

この譜例を弾いてみて下さい。

f:id:totalguitarmethod:20190723130512j:plain

ほとんどの人が写真のように弦にピックを寝かせて置いて「バラバラバラバラッ!」と、1弦まで弾きます。リズムも16分音符なのかも曖昧です。「速けりゃいい」感じで弾いてしまいます。

f:id:totalguitarmethod:20190723130612j:plain

これはスウィープではありません!

これは

「レイキング」

と言う別のテクニックです!

レイキングというのは「引っ掻く」という意味で、ブラッシングで弾くのがほとんどなのですが、時々アルペジオの構成音を用いて「バラバラバラバラッ!」っと装飾音として弾きます。

これに対してスウィープ・アルペジオは「リズム通り」に弾く必要があるんです。

確認の方法

ちょっと怖くなりましたね?

「自分のやってるスウィープってホントにスウィープなんだろうか?」

確認の方法があります。

「メトロノームに合わせてゆっくり音価通り弾ければスウィープ」です。

「速くしか弾けないならレイキング」です。

まとめ

まず、「スウィープ・ピッキング」とはエコノミー・ピッキングと同義です。

「スウィープ・アルペジオ」は「リズム通り」に弾くこと。

バラバラッと弾くのは「スウィープ」ではなく「レイキング」です。

混乱しないよう注意して下さい。

自分のやってるのがどちらか分からない場合はトータル・ギター・メソッドの質問欄からお気軽にご質問下さい。

独学ギタリストを応援しています。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain