ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

シャキッと見える3つのコツ

ダラダラしてる人

いますよね。
自分もそんな風に見られたらどうしよう。
音楽面までダラダラしてると思われますもんね。

若いギタリストがだらしないおじさん達に影響を受けてだらしなくなってしまっているのをたくさん見てしまいました。

自分ももしかして・・・心配ですよね。

f:id:totalguitarmethod:20180719100410j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらシャキッと見える3つのコツが分かりますよ。

1.汚れる服を着る

「汚れるから」といって色の濃い服ばかり着ていると汚れに無頓着になり、汚らしい自分を「見て見ぬふり」をしてしまいます。
真っ白な服を着る必要はありませんが、「汚れるから」を理由に黒い服を選ぶのをやめましょう。
あえて汚れる服を着て汚れに神経質になれば清く行動できます。

ちなみに私はシャツは必ず薄青色です。
所持している枚数はなんと・・・たった2着です。
汚れたら即捨てます。
汚れなくても1ヶ月経つと捨てます。
すぐに新品を仕立てます。
これは・・・やり過ぎですのでマネしないで下さい。

2.ジャストサイズの服を着る

「太るかもしれないから」「楽だから」と言ってだぶだぶのサイズの服を着てはいけません。
だらしない印象になります。当たり前ですよね。
このブログを読んで納得する年齢なら縦方向への成長期は過ぎてると思います。
横に成長するのを許さないようにしましょう。
ジャストサイズの服を着るとシャキッと見えます。

ちなみに私はベルトをしません。
スボン類は全てオーダーメイドで、ウェストにジャストサイズになっています。
だからサイズ調整をするベルトは不要です。
これは・・・やり過ぎですのでマネしないで下さい。

3.面倒くさい格好をする

ネクタイするのも面倒くさい。
きっちり服を着るのも面倒くさい。
季節感を出すのも面倒くさい。

これが許されるのは18歳までです。

特にスーツを着る必要はありません、ジーンズをお召しの方でも「きちっ」と着ている人はすぐに分かります。シャキッと見えるからです。

ちなみに私はベルトをします。
「どっちやねん?」と思うでしょ。
サイズ調整のベルトは不要です。
しかし、紺のスーツを着ていますので、髪の色と靴の色を仲介させる為に腰回りに適切な色のベルトをします。
「面倒くせ~!」と思うでしょう。
はい、むちゃくちゃ面倒です。
「ちげ~よ、面倒くせ~のは服装じゃなくて、オメーだよ!」
はい、その通りです。
だから、これはやり過ぎです。マネしないで下さい。

周りに

周りを見て下さいだらしない人いませんか?
近寄ってはいけません。
ミラーリング効果といってあなたもそのような人になってしまいます。
「だらしないのは、人にうつるんです」

ちなみに私もそのような人と会ってしまったら、一目散に逃げるようにしています。

先日も

私の所にはしょっちゅうどこぞの会社の方が「取材」を口実に事業相談に来ます。
大抵はメールで断りますが、たまに緻密に計算されたに引っかかることもあります。
先日は雑誌社が「数ページ執筆して欲しい」とのことでした。数ページ書くくらい2,30分の話ですので引き受けました。

ところが、お打ち合わせをしたいと言い始めたのです。
「どんな内容ですか」と聞くと「実は企画自体が固まってないから相談したい」
との事業相談でした。

私のコンサル料は1時間5万4千円か、5時間17万円のどちらかです。
しかし執筆の打ち合わせということであればお金は取れません。

事務所的には「やられた」と思いましたが、15分の制限時間を条件に引き受けました。

お見えになりました。

下っ腹が出ていらっしゃるのはご経験豊富な証拠でしょう。なんら問題ありません。

ただし!

長髪、無精ヒゲ、色あせた黒いジーンズ、ダボダボの30年前に買ったようなレッチリのマークが入ったロングTシャツ・・・

f:id:totalguitarmethod:20180719100620j:plain

部下は細身の方でした。
かかとを踏みまくった丈の長いジーンズに、ワンサイズ大きめの黒いシャツ・・・

汚れが目立たない服、大きめのゆったりサイズ、楽に着られる服・・・
東京で仕事をする人間が初対面の人に会う格好ではありません・・・

約束した15分の制限時間内で無料で相談に乗りました。
今後もコンサル料をお支払いしてお会いしたいと言って頂きましたが、今後の接触をご遠慮させて頂きました。

「だらしないのは、人にうつるからです」

もちろん相手にはそんなこと言ってません。「ご相談内容と私の専門分野が異なるため」と言うのが口実です。ギターの雑誌ですが・・・

例外

ファッションとしてのストリート系などは別の話ですよ。

まとめ

  1. 汚れる服を着る
  2. ジャストサイズの服を着る
  3. 面倒くさい格好をする

だらしないのは、人にうつります。
うつらないように。
そして、うつさないように。

若いギタリストがだらしないおじさん達にうつされないことを願います。

津本幸司

 

ジャズ・フレーズはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら