ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギタリストがシューベルトから学ぶこと

シューベルト

知ってますよね。
学ぶ事が多そうです。
では何を学びましょうか。

f:id:totalguitarmethod:20180927161948j:plain

心配無用です

この記事を読んだらシューベルト何を学ぶかが分かりますよ。

 

ちっちゃな曲から学ぶ

シューベルトはキャラクター・ピースという小さなピアノ曲をたくさん書きました。
《楽興の時》なんか有名ですね。

「スットコ、スットコ、チャチャ~チャ、チャラチャラスットントン」です。

ロマン派の作曲家であるシューベルトは個人的な情緒を短い作品で表したんです。

ギタリストが

「俺の気持ちをメロディにしたんだ・・・聞いてくれ」

と言うヤツの教祖様です。

この個人的情緒の表現方法を学ぶといいですね。

歌曲から学ぶ

シューベルトはドイツ・リートというピアノ伴奏の歌をたくさん書いたんです。たいしたことなさそうですが、これはがまぁ・・・ピアノが単なる伴奏としてじゃなく、情景描写など飛んでもない芸術的表現なんです。
歌のバックでかき鳴らすエレキギターでこんなこと出来ればいいですね。

バンドのボーカルが

「みんな・・・俺の恋は終わった。今から冬の旅にでる・・・菩提樹の下であいつの夢を見ていた頃が懐かしいよ・・・。そんな俺の気持ちを歌にしてみたんだ・・・それでは、聞いてくれ!ボーダイジュ!イェイ!」
と、いって始まった曲でボーカルが愛だ〜恋だ〜叫んでるバックで、菩提樹のせせらぎをギターで表現・・・って感じです。
(ちなみに本物は1823年歌曲集「冬の旅」の第五曲《菩提樹》です)

いい人から学ぶ

シューベルトはシュベルティーアデという自分の曲を披露する小さな自宅パーティーを開催していました。いい人だからいつもたくさんの人とお友達だったそうです。
音楽家としても素晴らしく、いい人だなんて最高ですね。
見習いたいものです。

モテない君から学ぶ

地味ですよね・・・

いい人なのに・・・

モテなかったようです。

欲求を満たすために・・・

どこぞの女中と・・・

病気をもらってしまい・・・

治療してたら・・・

31歳で亡くなり・・・

と、言う「噂」です。昔の話ですので真相は分かりません。

まぁ、色々「安全第一」で頑張って下さいね。

まとめ

楽器での内面の表現や、情景描写などが出来るようになりたいですね。
さらに、人に優しくいい人になってたくさんの仲間に囲まれるといいですね。
そして、出来れば安全なパートナーが見つかるように自分磨きをしたいものです。

若いギタリストがクラシックに興味が沸いたら嬉しいです。

津本幸司

一体なぜ?ISMの生徒が成功者になる理由