ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

プロギタリストになるための3つのポイント

プロとして

ギタリストとして生計を立ててる人っていますよね。自分にはできなさそう・・・って思いませんか?

f:id:totalguitarmethod:20181203090846j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらプロ・ギタリストになるための3つのポイントが分かりますよ。

結論

技術、知識、熱意
の3つを磨くことです

技術

音楽家である以上楽器演奏の技術を磨くことは当たり前の話です、そして何度やっても上手く行かない、苦しい、厳しい練習を乗り越えなきゃいけないのはお分かりでしょう。一筋縄ではいかないものなんです。これを分かっていながら、それでも頑張り続けるのが1つ目のポイントです。

知識

技術ばかり身につけてもプロギタリストには慣れません。やはり、プロの音楽家には知識が必要なんです。なにも音楽理論を全て把握しろ!とか、業界の中身を全て分かっておけ!と言うわけではありません。知識を身につけていこうと努力し続けることが大切なんです。これが2つ目のポイントです。

熱意

自分がなんでギターを弾いてるのか、自分がギターを弾くことで自分がどうなるか、自分がギターを弾くことで聞いて下さっているお客様はどのようになるのか、どうなってほしいのか、自分がギターを弾くことでどんな良いことがあるのかなどを徹底的に考え尽くして、「よっしゃ!やるぞ!」と言う熱意を持ち続けなくてはいけません。これが3つ目のポイントです。

大切なのは!

そして、こんなことを「ふ〜ん、まぁそ〜だろ〜なぁ〜」と考えることが大切なのではなくて、この3つを磨くことを「習慣化」することが大切なんです。そうすると気がついた時にに良い演奏ができるプロギタリストになってますよ・・・

と、大昔に偉〜い先生に言われたので私も頑張っています。

まとめ

いかがでしたが、プロギタリストになるための3つのポイントでした。
技術、知識、熱意の3つを磨くことを「習慣化」して、良い演奏ができるプロギタリストを目指しましょう。私も頑張ります!

若いアマチュア・ギタリストを応援しています。

津本幸司

 

あのISMギタリスト養成所のレッスンが年末年始だけ一般公開