ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

パワハラにあった時

パワハラにあった時

ギター好きの25歳の方が会社でパワハラにあってるそうです。
相談する人がいないそうです。
ギターのギの字も関係ないことですが・・・津本さんに・・・と、メッセージ頂きました。意を決してのメッセージ送信が読み取れたので記事にしました。
困りますよね。私達ギタリストは心の繊細な生き物ですものね。お気持ちスゴクわかります。

f:id:totalguitarmethod:20181112154128p:plain

心配無用です。

この記事を読んだら解決しますよ・・・と言いたい所ですが、さすがに、私もお会いしたことのない方に無責任なことは言えません。状況も分かりませんしね。
しかし、最低でもこのように考えておくといいというのがアドバイスできますので、以下参考になれば幸いです。

結論

幾つかリストアップします。全部できないかもしれませんが、できることだけ実践して下さい。

ありがとう

嫌いな人の良いところを見つけて誰もいなところでその人のことを思い浮かべて「ありがとう」と言えばいいです。「ありがとう」には「ありがとう」が返ってくるんです。だまされたと思ってやってみて下さい。間違えても「悪口」を言ってはいけません。これは倍になって返ってきます。

ご褒美

ムカついたら、それは神様が試練を与えてくれてると思って下さい。それをクリアしたらとんでもないご褒美がもらえますよ。

前世

「イラッときた理由は前世でイラッとしてたから」と考えましょう。だからさらに来世にまで持ち越さなくていいので、「今世で笑顔に置き換え」ておきましょう。すると神様とか仏様が「おいおい!こいつやるじゃん!」と、なるはずです。

階段

真っ直ぐ歩いてるのにつまづいてる訳です。階段があることを教えてくれたと思いましょう。この先色々あるんです。どんな時に不意打ちの階段が待ち受けてるか分からないので、「準備しておけよ!」と、神様とか仏様がそのパワハラ上司に乗り移って教えてくれてると考えましょう。そうすると「ありがとう」も言えますよね。

切り替え

自分が好きな音楽を聞いて、思いっきり好きなギターを弾きまくって、好きなことをやりまくればいいんです。気持ちを切り替えられる何かをもってることが財産です。パワハラしてくるような人はそこにしか自分の世界がないから、自分の力をそこで誇示しないと不安でしょうがないんです。気持ちを切り替える手段もないんでしょう。めちゃくちゃかわいそうな人だと思いましょう。

笑顔

とにかく笑うと福がくるんです。その上司を笑わせるつもりで会社に行きましょ。お笑い芸人のようなことをしろと言ってる訳ではなく。「この人に笑顔をもたらすことってなんだろう」と本気で考えてあげると必ず良いことが返ってきます。

心理術

  1. 極端な恐れ。その上司をむちゃくちゃ怖がって下さい。これ効きます。
  2. オウム返し。「バカ!」と言われたら、「・・・バカ?!す、すみません!」とオウム返しすると自分がどれだけひどいことを言っているか気付いてもらえます。
  3. 真似。一緒にいる時に仕草を完コピして下さい。潜在的にあなたがその上司の心の中に入り込む事ができて操れますよ。昔からよくある同調の原理です。

器が大きな人はパワハラしません。その上司は器が小さいんです。その上司の器は大きくなりません。パワハラ受けてる貴方の方が器が大きいはずです。
そして、幸せな生活の中で器を大きくするチャンスなんてそうありません。
だから、あなたのその器をもっと大きくするチャンスが今なんです。そんなチャンスをもらえたなんてラッキーじゃないですか。

ゲーム

私はこの手のトラブルが自分に起こるとワクワクします!一時的な障害物をどう乗り越えるかをゲームに思えるからです。そして、ゲームの勝ち負けがどうであれ、ゲームを操作しているのはこちらです。いつでも一時停止、終了、リスタートできますし、ゲーム機械をぶっ壊すことも可能です。さらに、何もしなくてもゲームが終われば「最終的」に相手は必ず損しますし、こちらには良いことしか起こりません。楽しんでみたらどうでしょうか?面白いですよ!

まとめ

いかがでしょうか。
誰にも相談できないのって困りますよね。
誰も自分の気持ち分かってくれない、皆が敵・・・こんな風に考えてしまいます。
しかし、少なくとも私はあなたの身方ですし、心より応援しています。
何かあればいつでも連絡下さい。

津本幸司

年末年始は反省の日!いつまでも成長するギタリストであるために!