ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

綺麗にピッキングする3つの知識

ピッキング

なかなか綺麗な音が出ませんよね。

心配無用です。

この記事を読んだら綺麗にピッキングする方法が分かりますよ。

3つの知識その1

深くピッキングしない。

弦は、ピックが当たった瞬間に振動し始めるべきです。
深くピッキングすると、ピックが弦に当たり、弦が押しつけられて、ピックがしなり、弦が曲がり、ピックが弦の剛性に耐えられなくなり、スルッとピックが通り抜けた時、振動が始まります。

これでは遅すぎるんです。

この弾き方をすると何を弾いても「ちょっと遅く」なります。

f:id:totalguitarmethod:20180710110103j:plainこれが深すぎ

f:id:totalguitarmethod:20180710110206j:plain

このくらいで十分

3つの知識その2

アングルを付けない

アングルを付けるとあたかも深くピッキングしていないかのように聞こえますが、ピックの側面で擦っているだけです。実際には深く当たっています。

音は「カサッコ〜ン」

となり雑音だらけになります。

f:id:totalguitarmethod:20180710110227j:plainこれはアングル付けすぎ

f:id:totalguitarmethod:20180710110248j:plainこのくらい真っ直ぐ

3つの知識その3

斜めに当てない
斜めに当てるとダウン・ピッキングの時はスムーズに弾けますが、アップ・ピッキングの時に引っかかります。結果的にダウンとアップで音量差が生まれてしまいます。

f:id:totalguitarmethod:20180710110310j:plainこんな風に前からみてピックの面が見えたら斜めすぎ

まとめ

先っちょで、アングルを付けず、真っ直ぐ弾くと綺麗にピッキングできます。

初心者の方の参考になれば嬉しいです。

津本幸司

トータル・ギター・メソッドはギターを買ったばかりの方でもすぐに始めることができます。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain