ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

フレーズの練習方法

難しいフレーズ

f:id:totalguitarmethod:20180830134357p:plain

なかなか弾けるようにならないですよね。

心配無用です。

この記事を読んだらすぐに弾けるようになりますよ。

原因

以下の2小節のフレーズがあったとします。

f:id:totalguitarmethod:20180830134416j:plain

あなたなら最初に何から弾き始めますか?
ほとんどの人が

3弦7フレットをチョーキングして、その音を伸ばしながら次の音がどこかなぁと探します。あ、2弦の8フレットだ!というのが分かって、何回か間違えて弾けるようになったら次の音を探す・・・

これが弾けなくなる原因です。最初ばかり練習して後半になるほど練習回数が少ないからです。

方法

曲の練習方法のこの記事でも説明したように反対から練習するんです。
このフレーズの場合は

  1. 2小節目の3,4拍目のミレミソ〜(5弦7,5,7fと4弦5f)という部分をまず完璧になるまで弾き込みます。
  2. その後2小節目の1,2拍目のドーシーラーの部分(4弦10,9,7f)を練習します。その時に毎回3,4拍目のミレミソ〜は追加して弾くようにして下さい。
  3. それが終わったら1小節目の3,4拍目のレ〜(3弦7f)をを追加し、直前のソ(2弦8f)も追加しましょう。これらを弾き込んでいる時も毎回2小節目まで弾くようにして下さい。
  4. そこまで完璧になったら最後に1番最初のチョーキングを弾くんです。

 

この方法で練習することによって、ひとたび3弦7フレットをチョーキングしたなら、芋ずる式にこのフレーズが弾けるようになります。

まとめ

難しいフレーズは終盤から反対方向に練習すると良いでしょう。もちろん簡単なフレーズもこの方法で練習することをおすすめします。

初心者ギタリストを応援しています。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら