ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

上手いギタリストの練習の終わり方

ふ〜やっと終わった。

これでは下手になるんです。
どういうことか分かりませんよね。

f:id:totalguitarmethod:20180726121418j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら正しい練習の終わり方が身につきますよ。

結論

下手になるギタリストは一つの練習が終わると「この練習が終わった!」と考えます。
上手くなるギタリストは一つの練習が終わると「次の練習が始まった!」と考えます。

学校なら

学校が嫌いで、夏休みが好きなら、「1学期が終わった!」「夏休みが始まった!」と考えます。
嫌いなモノを「終わった!」と考えて、好きなモノを「始まった!」と考えるわけです。

洗脳してはいけません

「この練習が終わった!」と考えてしまうと「自分はこの練習が嫌いなんだ!だから終わって嬉しいんだ!」と自分自身を洗脳してしまいます。
だから、練習が進めば進む程どんどん練習が嫌いになり、ギターが嫌いになり、音楽が嫌いになり・・・ホコリかぶったままになるんです。

たかが言葉ですがされど言葉です
練習が終わったと考えず、好きな次の練習が始められると考えましょう。
そうするとどんどん練習が好きになり、ギターが好きになり、音楽が好きになり・・・あれよあれよという間に上達しますよ。

騙されたと思ってやってみて下さい。

まとめ

練習が終わったら「この練習が終わった!」と考えず、「次の練習が始まった!」と考えましょう。

その日の最後の練習なら「明日を始めるために充電できるんだ!」と考えましょう。

驚くほど上達のペースが変わりますよ。

頑張るアマチュア・ギタリストの参考になれば嬉しいです。

津本幸司

あのISMギタリスト養成所のレッスンが年末年始だけ一般公開