ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

リードシートとは

リードシートを見ながら演奏!?

何すればいいの?
よく分からないですよね。

f:id:totalguitarmethod:20180611182249p:plain

心配無用です。

この記事を読んだらリードシートとは何か、そしてどうやって見るかが分かりますよ。

結論

これがリードシートです。

f:id:totalguitarmethod:20180611182011p:plain

テーマ(メロディーの部分)とコードが書いてある楽譜のことです。
歌詞が書いてある場合もあります。

この曲は8小節です。
ジャズ・ミュージシャンはこれを繰り返して演奏するんです。

繰り返し方

何回もリードシートに書いてあるテーマを繰り返し弾くのではありません。
最初と最後の回にテーマを弾いて途中の回にアドリブでソロを弾きます。
例えばギタリストとピアニストの2人だけでこの曲を演奏する場合は、最初の回にどちらかがテーマを弾きます。今は仮にギタリストがテーマを弾くとしましょう。
そうすると2回目に繰り返す時はギタリストがリードシートに記載されているコードの上でアドリブでソロを弾きます。
数回繰り返して満足いくまで弾いたら、次はピアニストの番です。
ピアニストが数回繰り返してソロを弾き終わったら最後にテーマを弾いて終わりです。

まとめると

  1. テーマ(ギター)
  2. ソロ(ギター)
  3. ソロ(ピアノ)
  4. テーマ(ギター)

となります。

繰り返しの回数や繰り返し方に決まりはありません。その都度決める場合もありますし、あらかじめ「最初にピアノがソロね!その後ギターね、短い曲だから5,6回繰り返すことにしよっか!」
などと決めておくこともあります。

注意

リードシートには注意するべき場所が一つあります。
コード進行の一番最後の部分です。

f:id:totalguitarmethod:20180611182320p:plain

このリード・シートには最後に(G7)がなぜか括弧付きで書かれています。

これは「繰り返す時はG7を弾いてね。でも最後は弾いちゃダメだよ」
と言う意味です。

つまり曲の終わりはCMaj7で終わりますが、繰り返す時だけは毎回最後の小節の後半2拍をG7にして「頭に戻りたくなるような雰囲気を作る」わけです。

これをターン・アラウンドといいます。

まとめ

  • リードシートとはテーマとコードが書いてある楽譜のことです。
  • リードシートのコード進行を繰り返し弾きます。
  • 最初と最後の回はテーマを弾きます。
  • 途中の回はアドリブです。
  • 頭に戻る時はターン・アラウンドを忘れずに弾きます。
  • 最後は弾いちゃダメです。

初心者の方の参考になれば嬉しいです。

津本幸司

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら