ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターアドリブ上級者が使うべき【音】

休符ほど万能な音はない

f:id:totalguitarmethod:20190813101655j:plain
アドリブ上級者ほど弾き続けずに休符を入れましょう。これでアドリブのレベルがグン!と上がります。

「いやいや、弾きまくった方がスゲ〜に決まってんじゃん!?」

と思いますよね。

心配無用です。

この記事を読んだら休符の万能さ、そして大切さが分かりますよ。

例えば

16分音符で

「タタタタタタタタタタタタタ」

と弾くよりも

「タッタカタッタ・ウンタッタ」

と、弾いた方がリズム感があり、音楽的ですよね。つまり、休符で演奏に生命が宿るのです。そして休符はどんなスタイルの、どんな曲の、どんなフレーズにも効果を発揮します。特定の音符は、キーや曲調などによって適切・不適切が分かれますが、「休符は万能」です。

問題

この万能な休符をアドリブ演奏で使わないギタリストが多いのが、上級者ギタリストの問題です。私が大学の試験で学生に弾かせると、演奏内容が「あれも知ってる」「これも知ってる」「これが得意」「あれが得意」の主張のオンパレードになります。四分休符すら入れない学生もいます。これは非常に勿体ないことです。

確認して下さい

上級者の方はご自身の演奏で確認して下さい。アドリブ演奏をスマートフォンで録音して聴いてみるといいでしょう。休符の少なさに驚きます。自分の演奏を上手に聞かせるなら2割くらいは休符にすると良いでしょう。不思議なモノで、実際に2割を休符にすると「ほとんどギターを弾いていないような感覚」になります。しかし、それはあくまで弾き手の感覚であって、聴き手はそんな風に感じていません。皆さんも憧れのギタリストの演奏を聴き直してみて下さい。意外と休符が多いことに気が付きますよ。

高度な休符テクニック

最上級のテクニックとして「噪音(ピッチを持たない音)」を「休符」の場所に入れる方法があります。高度な技ですが、休符が間延びするのを防ぎ、休符中にノリを継続させることができ、「助奏」にもなります。歌手で言うと、マイケル・ジャクソンの「ンッダ!」「ンッアッ!」というヤツです。適当に入れても意味がありません。低音で入れるのか、高音で入れるのか、どのくらいの音量で入れるのかを考える必要があります。この技術を練習した後にマイケル・ジャクソンを聴くと、いかに彼が天才だったかが分かると思います。

まとめ

アドリブ演奏は、上級者ほど弾き続けずに万能な休符を入れましょう。

津本幸司

トータル・ギター・メソッドのフェイスブック・レッスン会員様はアドリブ演奏を投稿して頂けましたら私が添削します。

どうぞ以下からご覧下さい

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain