ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

傷つきやすいギタリストあるある

f:id:totalguitarmethod:20190414182149j:plain

(面影あるのでしょうか?自分では不明)

傷つきやすいギタリストっていますよね。まぁ音楽家ですから傷つきやすいくらい繊細な方がいいのかもしれません。だけど傷つきやすいギタリストって結構変なことやっちゃうんです。
自分もやってるかも・・・不安ですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら傷つきやすいギタリストのあるあるが分かり、自分ではやらなくなりますよ。

あるあるの前に

あるあるエピソードを書く前に、まずはかの三島由紀夫の言葉をギタリストに当てはめてみましょう。

傷つきやすいギタリストほど、複雑な鎧帷子(防具みたいな物)を身につけるものだ。そして往々これが自分の肌を傷つけてしまう。

分かりますか?自分が傷つきやすいから弱点を隠そうとすると、その行為自体が自分を傷つけてしまうんです。こんな所を見られたら笑われるかもしれないからと隠している姿が余計笑われるです。身長の低さを隠すためにカカトの高い靴を履いてたり、ハゲを隠すために後ろ髪を前に持って来たり、貧乏を隠すためにメルカリでブランド物バッグを値切ってる操作を人混みでやってたり、詐欺メイクを電車の中でやってたり・・・滑稽ですよね。

あるあるいってみましょう

自分が指摘されたら傷つくことは先に他人に指摘する

例えば自分がリズムが悪いギタリストだと言われるのが最も傷つくとしましょう。そうするとこのギタリストは
「アイツってリズム悪いよな!なんであんなリズムで弾けるんだろうな?思わない?俺あんなリズムだったらギター止めてたわ〜」
とか言っちゃいます。
この話を聞いてる人は
「・・・(のしつけて返されるぞ)」
と思ってるはずです。

「弾けない」とは言わず「弾かない」と言う

例えばスウィープ・ピッキングが苦手だとしましょう。これができないことがコンプレックスなんです。そしてスウィープ・ピッキングができないことを指摘されるのが傷つくとしましょう。そうすると
「俺、スウィープ・ピッキングは弾かないタイプなんだ」
と、言っちゃいます。
もちろん聞いている人は
「・・・(できないだけだろ)」
と思ってるはずです。

「知らない」とは言わず「興味ない」と言う。

音楽仲間に
「サブスティテュート・ドミナントの所って何弾けば良いんだっけ?」
と、聞かれたとします。音楽理論を知らないことを指摘されると傷ついてしまうギタリストは
「俺そういうの興味ね〜んだ。音楽ってそういうもんじゃね〜からさ。」
と言ってしまいます。
聞いてる人は
「・・・(なぜ素直に知らないと言えない?)」
と思ってるはずです。
たいていの場合こんなことを言っておきながら、このギタリストはトイレに行くフリをしてスマホで調べます。(それを可能にするシステムを私が開発しちゃいましたので同罪ではありますが)

演奏に自信がないから解説がやたら長い

いるでしょ?
「俺のこの曲のこの演奏は1970年台のイギリスをテーマにしたあの戦後の発展と人々の思いがロックに衝突したイメージを敢えて安物のギターを使ってiPhoneで録画することにより現代のテクノロジーのと融合を表現しYouTubeというGoogleに続く世界的インフラを利用することで発信して・・・」
聞いてる人は
「・・・(聞く気失せたわ)」
と思ってるはずです。

よけいなことしぃ

私は奈良出身です。関西ではこのような人のことを「よけいなことしぃ」と言います。これは結構恥ずかしいので止めましょう。

私の運営するISMギタリスト養成所でも禁止行為をしたことを隠すために他の禁止行為をして出入り禁止になった生徒がいました。惨めなよけいなことしぃです。

私の知り合いの大学教授は自分の無知を指摘されまいと言葉の暴力で周りを言いくるめてしまい、結局みんなに嫌われ誰にも相手にされなくなってしまった。よけいなことしぃどころか愚の骨頂です。

このようなよけいなことしぃの行為は傷つくどころか立ち直れない重症を負ってしまいます。

魔法の言葉

傷つくのを嫌がるのは自然なことです。だけど隠そうとすると余計傷つくことになるので、隠さない方が良いんです。でも、傷つくから困りますよね?そんな時に魔法の言葉があります。
「はずかしい・・・」
と、ぼそっと言うんです。

リズムが悪いと言われたら
「はずかしい・・・」
スウィープ・ピッキングができないことを指摘されたら
「はずかしい・・・」
知らない音楽理論があれば
「はずかしい・・・」
演奏に自信がなければ
「はずかしい・・・」

これで解決します。なぜなら人が「はずかしい・・・」と認めたことに対して、他人はそれをさらに責めようとはしてこないからです。傷つくことには変わりありませんが、最も軽症で済みます。そして二度とその軽症を負わないように頑張ればいいわけです。

まとめ

傷つきやすい自分の弱点を隠そうとすると、その行為自体が自分を傷つけてしまうんです。余計なことをせずに発展途上を認めて軽症を負いながら前に進んで下さい。悩める若いギタリストを応援しています。

津本幸司

上記のトイレでちょこっと調べられるシステム・・・以下です。
このブログの公開日だけはお求めにならない方がいいかも知れません(笑)

https://www.t-guitar.com/Total_Guitar_Method/