ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

意外!ギターを上達させる本とは

ギター関連の本・・・

たくさん売ってますよね。
教則本?雑誌?伝記?
どれを買えば上達するのでしょうか?

f:id:totalguitarmethod:20181119080727p:plain

心配無用です。

この記事を読んだらギターの上達に役立つ本が分かりますよ。

意外な結論

ギターと全く関係ない本を読むと上達します。

理由

教則本や、雑誌などギタリストがギター関連の本を読むことなんて何も珍しくありません。当たり前のこと、普段通りのこと、なんの変化もないことなんです。脳に新しい刺激が入らないんです。
これでは、「脳」がだらけてしまいます。
新しい刺激を入れましょう。

ギター上達に役立てる方法

でも関係ない本を読んでもどうやってギターに役立てるか分かりませんよね。

オススメの方法としては

「無理矢理こじつける」

んです。

例えば、ダイエットの本を読んで、

「主食とおかずを7:3の割合で食べましょう」

と書いてあったとします。それを

「リズムギターとリードギターの練習を7:3の割合にして練習しよう!だって、リズムギターが主食のようなもんだもんな!」

と、無理矢理こじつけて練習に活かします。

それが上手く行くかどうかは分かりませんが、このように「新しい刺激」を全てギタリストとしての上達に「変換」する習慣を付けるんです。
そうするとどんどん上達しますよ。

私も実践しています。

先日は編み物の教則本を読みました。はっきりいって何を言ってるのか全く分かりませんでした。でも、編み物の先生が読者の方にどんな流れで説明しているのか、予備知識がどの程度あると想定しているのか、編み物の柔らかいイメージと語り口調の調和、本一冊で読者が期待する上達の内容など、ギターの教則本を書くうえで参考になることばかりでした。

 

まとめ

いかがでしたか?

ギターと関係ない本をたくさん読んで上達しましょう。

津本幸司