ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【どっちがいい?】ハードケースとソフトーケース

ケースサウンドハウスで見る

高校生の初心者からご質問頂きました。

「ギターケースはハードケースとソフトケースどちらがいいのですか?」

非常に素直な質問です。私も同じ質問をした経験があります。

そして意外と上級者も分かってないんですよね・・・これが。

心配無用です。

この記事を読んだら、ハードケースとソフトケースどちらがいいか分かりますよ。

結論

環境によって使い分けましょう。

なんとなく想像付くとは思いますが、短い記事ですので最後まで読んで下さい。

移動距離

短距離移動:ちょっと近所のスタジオに・・・って感じだとソフトケースが良いでしょう。

長距離移動:地方遠征・・・って場合はハードケースが良いでしょう。

移動手段

歩きや自転車やバイクならソフトケース、車のトランクに入れるならハードケース。でも車の後ろの座席に置いとけるならソフトケースで良いでしょう。そして、電車は満員電車でもソフトケースがオススメです。ハードケースは邪魔だし、人に押し当てると痛いので・・・

季節

ほぼソフトケースでいいのですが、酷暑や極寒の場合は屋外・屋内・車内の出入りによる温度差の影響を受けにくいハードケースの方が良いでしょう。

天候

ほぼソフトケースでいいのですが、大雨、大雪の場合はハードケースの方がいいでしょう。

飛行機

多くの上級者が勘違いしているのがこれです。飛行機はソフトケースです!ハードケースに入れて貨物室に預けるのが正しいように思ってしまいますが、貨物室はメチャクチャ寒いんです。あんな冷凍庫のような場所に楽器を置いとくなんて「壊してくれ」と言っているようなもの。ソフトケースで機内持ち込みが基本です。

ただし、安い席だと持ち込めない場合もあります。混雑時にはなおさらです。そうなったら最悪。ソフトケースで貨物室に預けるハメに・・・。

「おいおい!俺は金はね〜けど、実家が遠いんだよ!どうすりゃいいんだ?!」

こんな場合は、飛行機自体を避けるべきです。

「急ぎなんだよ!」

お気持ち分かります。この場合は

①時間が掛かっても楽器を守る

②楽器を犠牲にして時間を取る

③金持ちになる

の3択です。

セミハード

良い物を作ってくれました。今はセミ・ハード・ケースなるものがたくさん売られています。ソフトケースの携帯性と軽さ、ハードケースの機密性と保護性能を持ち合わせています。もちろんソフトケースよりは少し大きく、そして重くなり、ハードケースより保護性能は少し劣りますが、これも選択肢の1つでしょう。オススメ3選

まとめ

ハードケースとソフトケースは環境によって使い分けましょう。

ご質問者様に限ってのことですが、まぁ、高校生が使うギターです。ソフトケースで十分かも知れません。(すごく高いの持ってたらどうしよ・・・)

初心者ギタリストを応援しています。
津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain