ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ありえない!アップから弾くと高速で弾けるフレーズ!

オルタネイト・ピッキング

オルタネイト・ピッキングって弾きやすいですよね。エコノミー・ピッキングってなんかしっくりきませんよね。その理由はビートの上でアップ・ピッキングになることがあるからです。やっぱりビートの上は「ドン!」とダウン・ピッキングしたいもんです。だからオルタネイト・ピッキングの方がしっくりくるんです。だけど、オルタネイト・ピッキングなのに敢えてアップとダウンをひっくり返すことで超高速で弾けるフレーズがあるんですよ。

知りたいですよね。

心配無用です。

この記事を読んだらアップから弾くと高速で弾けるフレーズが分かりますよ。

結論

これ!

f:id:totalguitarmethod:20190516164941j:plain

トータル・ギター・メソッド〜アドバンス・フレーズ編より

オルタネイト・ピッキングの難しいのは弦をまたぐ必要がある部分です。これをアウトサイド・ピッキングと言いますが、このフレーズを普通にオルタネイト・ピッキングすると「アウトサイド・ピッキングしまくる」ので非常に引っかかるんです。でもアップから始まる「逆オルタネイト・ピッキング」なるもので弾くと跨がずにすべてインサイド・ピッキングでスムーズに弾けます。

このフレーズは私の師匠のジョン・フィンに教えて貰いました。でも師匠は普通のオルタネイト・ピッキングでやってるんです。しかも深いピッキングで弾いていました。私が逆オルタネイトにして高速で弾いて見せると

「ワオ!コージ!アメージ〜ング!オーイェー!」

と、言っていました。

(ちなみに師匠は私がなんか弾くと全部この反応です・・・笑。そう、真の達人というのは「褒め上手」なんです。そしてもし私が間違ったことをすると真顔で怒ります・・・このコントラストで成長させられました)

まとめ

フレーズによっては逆オルタネイト・ピッキングにした方がスムーズに弾けるフレーズもありますので、柔軟に工夫が必要です。

トータル・ギター・メソッドのフェイスブック・レッスン会員の皆様には毎日ピッキングの詳細をご指導しています。毎日しつこく言ってすみません・・・でも大切なピッキングなのでこれからも口うるさく言い続けますよ!

f:id:totalguitarmethod:20190512113706p:plain

皆さんもどうぞ仲間になって下さい・・・(今ならキャンペーンで、書籍をお持ちの方は1冊につき1000円のAmazonギフト券差し上げています。お急ぎ下さい)

津本幸司