ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ガイドトーンとは

聞いたことあります?

ガイドトーン
ガイドになる音?
何の事かわかりませんよね。

f:id:totalguitarmethod:20180924122652p:plain

心配無用です。

この記事を読んだらガイドトーンが何か分かりますよ。

結論

コードの3度と7度のことです。
これだけ覚えておけば間違いないです。
初心者の方は以下読まなくても大丈夫です。

詳しく知りたい方用

ちょっと詳しく知りたい方用にガイドトーンがなぜ3度と7度なのか書きます。

Cメジャーのコード・トーンはC・E・Gですね。
度数はルート(1度)、3度、5度です。
Cマイナーのコード・トーンはC・E♭・Gです。
度数はルート(1度)、♭3度、5度です。

3度の音がどうなってるかでメジャーかマイナーかが分かれるんです。
メジャーかマイナーは3度を見れば分かるってことになりますよね。3度が「ガイド」になってるわけです。

次に

CMaj7のコード・トーンはCEGBですね。
度数はルート(1度)、3度、5度、7度です。
C7のコード・トーンはCEGB♭です。
度数はルート(1度)、3度、5度、♭7度です。

7度がどうなってるかでCMaj7かC7が分かるんです。7度が「ガイド」になってるんです。

従って3度と7度さえあればどんなコードでるかが分かるガイドになるため、ガイドトーンと呼ばれるわけです。

だからコードの中で大切な音は何?と聞かれたら「ガイドトーン」と答えるのが正解です。ルートとか5度とかは変わらないのであってもなくても良い音と考えるんです。特に私達ギタリストの場合は不要ですよね。ルートや5度はベーシスト君に任せておけばいいんです。

ちなみに

5度も♭5になったりするじゃないか!
と思いますよね。
確かにディミニッシュ系のコードでは♭5は重要な音です。それを言い出すと♭9のテンションが重要な場合も出てきます。
なので、「3度と7度だけがガイドトーン」と決まってるのは、「ガイドトーンを定義付けするのにどこかで線を引かなきゃいけなかった」とでも考えておきましょう。

まとめ

ガイドトーンとはコードの3度と7度のことです。
それ以上知る必要ありません。
「簡単すぎるじゃね〜か!」
と、思うでしょ?そんなあなた・・・
今から5秒以内に以下の質問に答えて下さい。
「D♭7のガイドトーンは何?」

こたえはこの商品名内にあるアルファベット

津本幸司