ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

たった5分でライバルより上手くなる

比較

f:id:totalguitarmethod:20190408191639p:plain

(25年前は目も合わせなかったライバル)

人と比較するんじゃなくて・・・
自分をもっと磨いて・・・
と、お話してもやっぱり
「そりゃそ〜なんでしょぉ〜けど〜。アイツより上手くなりたいんですよぉ!」
と、言われます。
大学生に多いパターンです。

ハッキリ言ってお気持ちメチャクチャ分かります。
私も大学の時そう思ってましたから。
ホントはアイツより上手くなる方法があるんです。
知りたいですか?

心配無用です。

この記事を読んだらたったアイツより上手くなる方法が分かりますよ。

結論

アイツより5分だけ長く練習するんです。

これだけでアイツより上手くなります。

上手くなるには

上手くなるには練習しなきゃいけませんよね。一番上手くなるには一番練習すればいいってよく言いますよね。師匠(ジョン・フィン)からその話を聞いて大学1年の時に手当たりしだい大学の友達に「オマエ何時間練習してる?」「オマエは?」とか聞きまくりました。そして5時間という友達が多かったので5時間5分練習しようとしてました。大学2年になって6時間練習してるヤツが現れたので6時間5分練習してました。その後、速弾きメタラーのドイツ人ライバルが現れ(この記事に書いた後の親友)、お互いのことは知ってるのに面識がない状態を保ちながら探り合いをした結果、彼は8時間も練習してるということを知ったので8時間5分やるようにしていました。

その結果、当時は「アイツより上手い!」と思うことができてました。

彼は数週間後に師匠経由で私の話を聞いて8時間10分練習してたようです・・・

彼は「これでコウジより上手い!」と思ってたそうです。

そして、数ヶ月後私がまたその話を私が師匠から聞いて8時間15分練習してました。

私は「これでアイツより上だ!」と思ってました。

その数ヶ月後・・・・

お分かりですね。師匠は「この日本人とドイツ人の2人は世界一簡単に手玉に取れて、世界一簡単に上達させられるヤツだwww」と面白がってました。バークリーの教員室ではいまだにネタにされています。

結果的に

こうやってお互いが「アイツより5分だけ長く練習しよう」と頑張り続けると、お互いに上手くなりますし・・・

そして何よりも!

想像付くと思いますが、当時のバークリー音楽大学では、数千人のギタリストを引き離して私達2人がぶっちぎりのトップ2でした。最初は「アイツより上手くなろう!」としてただけなんですが、気がついたらお互い主席です。師匠の思惑通りですね。

5分でいい

5分でいいんです。アイツより5分だけ長く練習して下さい。最初は動機なんて何でも大丈夫です。「アイツより上手くなりたい!」ってことで問題ないでしょう。すぐにアイツより上手くなります。気がついたらアイツと一緒に上手くなってます。

ただ!

ただ1つ疑問が生まれますね

「じゃ、24時間練習したら世界一?」

もちろん違います。上記のエピソードは1996年の話です。今の時代は「効率良く」練習しなくてはいけません。「アイツより5分長く!」と考えていた私が卒業する頃に「実は効率が命だったんだ!」と気付いて本を書きました。それが2000年にベストセラーになった「ギタリスト養成講座」シリーズです。20年以上もの間、奇跡のような売り上げでした。いまだに売れています。しかし、私はさらなる効率を求める時代だとおもっています。さらに進化させてスマホ1つでできるオンライン・メソッドにしたのが、私が連日ご紹介しているトータル・ギター・メソッドです。(広告宣伝しなくても売れたベストセラーがあるのにこれほどまで私が自ら宣伝するのです。どうかクオリティをご想像下さい。)

まとめ

まずは「アイツより5分だけ長く練習しよう!」と思うことでアイツより上手くなります。そしてアイツと一緒に上手くなっています。そして有限の時間を効率良く使うために是非トータル・ギター・メソッドをご利用下さい。(どうも広告文句でブログをしめるのは気が引けるのですが勝手にタイプする手が動いてしまいまして、すみません)

頑張るギタリストを応援しています。

津本幸司

隙間時間で差が付きますトータル・ギター・メソッド