ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

残念!ギタリストが今年成長できなかった理由

今年1年間・・・

あまり上達できなかった・・・
成長してないような気がする・・・
思ったほど活動できなかった・・・
お気持ち分かります。
しかし、今年が思うように進まなかったのには理由があるんです。

f:id:totalguitarmethod:20181128184436j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら今年成長できなかった理由が分かり来年は成長できますよ。

結論

12ヶ月前の正しい反省が足りなかったんです。

不十分な反省

反省してないのは論外ですが、反省しているギタリストでも不十分な場合があります。

よく、若いギタリストに練習の反省点を聞くと意外と的を当てた答えが返ってきます。

  • 「時間の使い方が悪かった」
  • 「これこれに重きを置きすぎた」
  • 「あれが足りなかった」
  • 「こんなことを先にやるべきだった」

などとちゃんと答えます。

ただ、これだけだと不十分な反省なんです。

改善策

「何が悪かったか」だけを考えるのではなく、どうやったらその悪かったことが改善されるかを考えるべきなんです。

「あ〜なるほど、わかった、わかった、はいはい」
と、聞き流してるでしょ?

実は、これでも足りないんです。

例えば

「今年はアルペジオの練習が足りてなかったからアドリブが下手だった」
と、いう反省点があったとしましょう。
これだけ反省しても不十分なのは分かるでしょう。
そして改善策を考えたとしましょう。
「じゃあ、来年はアルペジオの練習を頑張ろう」
これで、反省と改善策を考えた気になっちゃうんです。

これだと来年また同じことを繰り返してしまいます

必要なのは

必要なのは詳細に「何を」「いつ」「どのくらい」「どうやって」「なんのために」「どのようになるまで」練習して改善するかを考えることです。

そして、アルペジオだけ練習して飛躍的に上達するほど甘い世界ではありません。スケール、アルペジオ、カッティング、フレーズ、スタイル別スキル、読譜、技術、理論などありとあらゆる項目を上記のように考えるべきです。これが正しい反省です。

事細かくノートに書き出してみてはいかがでしょうか。そうすると来年への道しるべが見えると思います。

「あ〜!こ、これ忘れてた!」
なんてこと・・・あるんですよね、これが。

ISMギタリスト養成所では

私の運営するISMギタリスト養成所では21年間連続で、年末年始に「5分刻みの総復習」と題して2時間であらゆる項目の反省点、改善策を5分ずつ2時間掛けて作り上げるマンツーマン講座を実施しています。門下生は初心者からプロまで当たり前のように参加します。(上級者が「今年はいいや」と受講せずに、6月くらいにどん底に落ちて悩むケースもありますが)

近年は門下生以外のギタリストも受講可能としております。毎年すぐに満席になってはしまいますが、こちらのリンクがあるうちは大丈夫です。今年は見逃さないようにご予約下さい。

まとめ

いかがでしょうか。
今年成長できなかった理由は、正しい反省が足りなかったからです。
今すぐ、ノートを取り出して、事細かくノートに書き出して反省してみて下さい。

自分ではよく分からないというギタリストは私が直接担当しますのでこちらからご連絡下さい。

今年正しい反省をして、ギタリストのあなたにとって来年が素晴らしい年なることを願って。

津本幸司

 
ズボラでも簡単。それはギタリストの一年の計が年末年始にあるから。