ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

効率良く上達する方法

あれもこれも

やらなきゃいけないこと多いですよね。時間なんていくらあっても足りない・・・
分かります。

f:id:totalguitarmethod:20180518152952j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら効率良く上達する方法が分かりますよ。

結論

人にやらせる
以上です。

自分で努力しないとダメだろ!」
と思うかもしれませんがそうではありません。

なぜ自分でやるとだめ?

今の時代、自分で調べようと思ったら調べることができちゃうんです。難しい理論や細かい技術まで。それが効率悪いんです。

例えば

車の会社を作るとしたら、一人の人がデザインして、製造して、広告して、販売して、アフターケアして、税務やって、法務やって、銀行行って・・・ってやるわけないですよね?

自分がしゃちょーさんになって、製造担当、広告担当、販売担当、アフターケア担当、税務担当、法務担当、雑務係を雇うべきですよね。各分野を既に極めた人にやらせるわけです。

緊急時に連絡取れるように、机の上に担当者分の直通電話並べる人もいたそうです。(ヘンリー・フォード)

f:id:totalguitarmethod:20180518153015j:plain

方法

人にやらせる」と言う意味は
自分で一から知識を得ようとせずに、先に人にその道を極めておいてもらって、自分はその人の知識をもらう。」という意味です。

例えば

「オルタード・スケール」という理論的項目を学習したいとしましょう。
こんなもの、素人がネット検索だけでマスターできるはずがありません。
ネット検索して、あーでもないこーでもないとやってオルタード・スケールが弾けるようになるのに1年はかかるでしょう。時間の無駄です。

考えるべきなのは

これ面倒くさいし効率悪いから、誰かに過去にタイムスリップして1年掛けてオルタードを極めといてもらおう。そして、現在に戻ってきてもらって教えてもらえばいいや

ということです。そして、

てか、そんなタイムスリップできるわけないか。じゃあ、既に極めてる人探そう

となるわけです。

そして、その人を見つけて教えてもらえばオーケーです。1,2時間で教えてもらって多少の金額を払っても「1年を買った」ことになるわけなので効率いいですよね。

これが人にやらせるという意味です。

f:id:totalguitarmethod:20180518153232p:plain

これを「デリゲーション」と言います。「人にやらせる」というよりかっこいいかもしれません。

注意

世の中には「自分はオルタード・スケールを極めてますよ!」とウソを言ってる人がたくさんいるので注意して下さい。

まとめ

自力でネット検索して努力するのは時間の無駄です。
人にやらせることで効率良く上達しましょう。


津本幸司

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら