ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

音楽は短期戦より長期戦

テレビで活躍する若いギタリスト

かっこいいですよね。
なんで自分は走っても走ってもこうならないんだ?

f:id:totalguitarmethod:20180814201743j:plain

(ゴール直前で鼻が痒い・・・)

心配無用です。

この記事を読んだらその心配がなくなりますよ。

結論

音楽活動は短期戦より長期戦が有利です。
短期戦でポッと出てしまって武道館満員にしたアーティスト達・・・10年経ってアルバイト生活なんてよくある話です。

一番不安なのって武道館に立ってる時、
「この先落ちるしかない・・・」
こう思うそうです。

たくさんの有名人をたくさんカウンセリングしてきましたが、皆同じ事を言います。

しかも

20代前半に短期戦として勝利を掴んでしまった人は、長期戦に備えての準備、つまり30代40代へ備えての勉強や練習が一切出来ないくらい忙しいんです。
だから、10年経ってブームが去ったらアルバイト・・・となるんです。

何人も効率の良い学習方法を考えることで救っては来ましたが、正直言って結構しんどいです。最初から長期戦を見据えて勉強したり練習したりする方が圧倒的に有利です。

後輩には

藝大に私を雇ってくれる後輩がいます。話がややこしいのですが彼がリーダーで資金を集めて、人を雇用して、コンサートを開催しますので、実質私が雇われていることになります。彼は藝大を主席で卒業して、若くてスター性のある人です。どんな人がどの角度からどう見ても「成功」以外考えられないような音楽家です。
なのにも関わらず、その方は「これから海外で勉強して、もっと大きくなって・・・」と熱意を燃やしています。
短期戦で勝てる人が長期戦に挑んでるわけですから鬼に金棒です。

お忍びも

名前は出しませんが、私の生徒には変装せずには人前を歩けないような人が何人もいます。つまり、現時点で武道館を満席にしているにも関わらず、お忍びで長期戦に備えているわけです。鬼に金棒・・・のでっかいヤツです。

まとめ

さあ、若いギタリストはこんな人達と勝負するんですよ。短期戦ばかりに気を取られていてはいけません。長期戦で頑張りましょう。

応援しています。

津本幸司

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ジャズ・フレーズはこちら