ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

チョーキングが命!お約束ブルース・フレーズ3選!

ブルース

f:id:totalguitarmethod:20190310143536j:plain
ブルースとチョーキングってコーヒーとタバコのようなもんだと昔教わりました。今となっては古い例えですが、とにかくセットと考えられるくらい頻出ということです。では初心者の方はどんなチョーキング入りブルース・フレーズを練習すればいいのでしょうか?

心配無用です。

この記事を読んだらチョーキングが命のお約束ブルース・フレーズ3選が分かりますよ。

以下キーは全てAマイナーで考えて下さい。

ベスト3

f:id:totalguitarmethod:20190310143651j:plain

(トータル・ギター・メソッド〜ブルース・ロックフレーズ編より)

まずはこのフレーズ。5フレットから始まる定番のAマイナー・ペンタトニック・スケールのポジションではありません。ちょっと高いフレットのフレーズです。12~15フレット辺りが比較的弱い力でも弦を曲げることができるので、最初はこの近辺のチョーキング練習をオススメします。当然ながらチョーキングはピッチを安定させることが難しいのですが、最初はあまり「正確さ」に神経質にならない方が良いでしょう。正確なピッチが欲しいならそもそもチョーキングしなきゃいいわけですしね。

ベスト2

f:id:totalguitarmethod:20190310143831j:plain

(トータル・ギター・メソッド〜ブルース・ロックフレーズ編より)

半音チョーキング「H.C.」の登場です。その直後に「D」のマークがあります。これはチョーク・ダウンを意味します。さっとチョーキングで半音上げた後、ピッチを戻します。力を入れるよりも力を抜く方が難しいかもしれません。
ちなみにこの半音上げた音はA音から数えて♭5の音です。これは特殊なブルーノートとして、ブルース、ロック、ジャズで重宝される音です。

ベスト1

f:id:totalguitarmethod:20190310143737j:plain

(トータル・ギター・メソッド〜ブルース・ロックフレーズ編より)

やっと最後に定番ポジションです。薬指で3弦7フレットをチョーキングしてから2,1弦の5フレットを弾くのは定番の音並びです。タブ譜ではなく、音符の方をみると最初のチョーキングした3弦7フレットはE音、次の2弦5フレットもE音です。同じ音なのに違う弦で違う弾き方をする・・・ある意味面倒なことをしてブルースのニュアンスを出している訳です。

まとめ

チョーキングが命のお約束ブルース・フレーズ3選でした。

ブルース・ロック・フレーズをネットで検索するのは簡単です。でも、どれからやっていいか分かりませんよね。そう、情報洪水に溺れてしまっているんです。そこからギタリストを救うために私はトータル・ギター・メソッドにて抜粋しました。クリック

津本幸司