ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【チョーキングとは】今さら聞けないシリーズ

チョーキング

今さら「チョーキングって何?どうするの?」って聞けないですよね。

(ちなみに、間違ったやり方をする上級者が多いのが怖いところです)

心配無用です。

この記事を読んだらチョーキングが何か、そしてどうやるかが分かりますよ。

定義

特定のフレットを押さえて弦を弾いてから、上下いずれかに曲げることにより全音上の音を鳴らす方法をチョーキングと呼びます。

f:id:totalguitarmethod:20190630111301j:plain

例えば

例えば3弦7フレットのD音を薬指で押さえてピッキングすると同時に弦を1音分上に曲げます。そして、E音を鳴らします。これがチョーキングです。

具体例

f:id:totalguitarmethod:20190630111137j:plain
この譜例はトータル・ギター・メソッドのテクニック編T017から1小節抜粋したものです。

1拍目の裏で弾いた3弦7フレットのD音を、もう一度2拍目で弾き直して、チョーキングによりE音を鳴らします。3拍目裏では、弾いた2弦8フレットのG音を、もう一度4拍目で弾き直して、チョーキングによりA音を鳴らします。

Chokingの頭文字である「C」のマークが出てきたらチョーキングすると覚えて下さい。チョーキングは和製英語であり、海外ではベンディング(Bending)と呼びますので、ネット上で転がっている楽譜には「Bend」や「B」のマークが記載されている場合があります。


注意

親指をネックの上に出して、左手の手首をねじるように回転させながら弦を曲げます。指先を伸ばしてはいけません。(これを何人の上級者に注意してきたことか)

チョーキングの利点と欠点

チョーキングの利点はピッチの変化過程を鳴らすことです。欠点は「音痴」になりやすいことです。感覚が掴めるまではチューナーを繋いで練習するのも良いかもしれません。

まとめ

チョーキングとは、特定のフレットを押さえて弦を弾いてから、上下いずれかに曲げることにより全音上の音を鳴らす方法です。

頑張るギタリストを応援しています。

ただし、チョーキングにもたくさん種類がありますので注意して下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain