ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

音楽家として毎秒進化する方法

音楽家は

1日単位で成長なんて遅いんです。
1秒単位で成長したいものです。
どうやるんでしょうか。

f:id:totalguitarmethod:20180727095802j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら秒単位で成長する方法が分かりますよ。

結論

24時間自分が出す音が全て作品としてネットに公開される(晒される)と思えば大丈夫です。
24時間360度自分の姿をお客様に監視されてると思って生活すれば大丈夫です。

音でいえば

上級者でもよくいるパターンが、一曲通して弾こうと思ったのにも関わらず「適当にまぐれ狙いで弾いてみて間違えたらやり直す人」です。
なかったこと」にしたわけです。
お客様が聴いていらっしゃったらそんな分けにはいきません。
自分で確信もって弾ける音を弾くべきです。

見た目であれば

女性に多いパターンですが、よく写真で「奇跡の一枚」を求めます。
自撮りとSNSの普及でその「奇跡の一枚」をいとも簡単に仕上げる女性もいます。
そして、その「奇跡の一枚」を投稿している時の顔が・・・般若・・・

一般の方はそれでいいのですが、お客様の前に立つ私達は24時間360度見られている意識が必要です。

練習法

音はず〜っと録音しておくか、誰かにず〜っと聴いていてもらえばいいんです。
私の場合は、スタジオには常にアシスタントなどのスタッフがいます。練習する時も誰かに聴かれていると思っています。

見た目は、ず〜っとカメラをまわしておけば良いんです。
私のスタジオは24時間防犯カメラで撮影されています。セコムの人がリアルタイムで見ることができます。そして何年もその記録が残ります。

ただ、普通のギタリスト、音楽家はここまでできません。
だから、「ず〜っと誰かに聴かれている、そしてず〜っと誰かに見られている」と思うだけで大丈夫です。

この記事にも書きましたが客観的に聴かれている、見られていると意識することで秒単位で成長します。

トライしてみて下さい。

まとめ

24時間誰かに聴かれている、24時間360度自分の姿を見られていると思えば秒単位で成長できますよ。

若いギタリストの参考になれば嬉しいです。

津本幸司

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ジャズ・フレーズはこちら