ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

高給取りの音楽家になる考え方?

質問されました

「音楽家として高い給料をもらうためにはどうするんですか?」
知りたいですよね?

f:id:totalguitarmethod:20180731085249j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら正しい考え方が身につきますよ。

結論

この質問者さんは考え方自体間違っています。
難しい言葉で「ビリーフ・システムの階層性」と言います。
信じていることが段階的に重なってるという意味です。

例えば

  1. 食事は和食だけであるべきだ。
  2. そして和食は生魚であるべきだ。
  3. そして生魚はお寿司で食べるべきだ。
  4. 銀座のお寿司屋さんは高すぎる。
  5. どうやったらお寿司屋が食べられるんだ?・・・
    スシローに行こうか、くら寿司か、いや回転寿司は代替魚が多いから怖いか・・・どうしよう。このままだと永久に食にありつけない・・・

と、お腹が空いている時にコンビニの前で悩んでるとしましょう。
おかしいですよね。

そもそも、最初の「1.食事は和食だけであるべき」という考え方が間違っているので、そこを変えない限り、「5.どうやったらお寿司屋が食べられるんだ?」だけ悩んでも無駄です。
ビリーフ・システムの階層性」の一番底、つまり「信じていることの大元」が間違ってた訳です。

音楽家なら

  1. 音楽家は会社に雇われるべきだ。
  2. 会社から高い給料をもらうべきだ。
  3. 高い給料の仕事をするべきだ。
  4. そんな仕事は少ない。
  5. どうやったら音楽家として高い給料をもらえるんだ?・・・作曲能力を身につけるのか、演奏技術を磨くのか・・・このままだと永久に職にありつけない・・・

そもそも、最初の「1.音楽家は会社に雇われるべき」という考え方が間違ってるんです。だから質問者さんが「5.どうやったら音楽家として高い給料をもらえるんだ?」だけ悩んでも無駄です。

対処法

雇われるだけでなく、雇う側になる方法もあります。
印税だけで高収入も可能です。
今ではYouTubeだけでも生活できます。

「音楽家は雇われて給料をもらう」という根拠のない考え方を改めるといいでしょう。

しかも!

昔は音楽家は教会や宮廷に雇われるサラリーマンだったんです。そして、1800年代にベートーヴェンが「音楽家が雇われて給料をもらうって古いよなぁ!」と言って、自分で仕事始めたんです。
音楽家がこの考え方になってからもう200年経ってるんですよ。

(いまだにこの考え方の人が多いので私達「雇う側」は助かりはしますが)

まとめ

「音楽家は雇われて給料をもらう」という考え方を改めるといいでしょう。

駆け出しの音楽家の収入が安定しますように。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ジャズ・フレーズはこちら