ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

エレキギターの基礎練習フレーズ3選!右手編

エレキギターの基礎練習フレーズ3選!右手編

f:id:totalguitarmethod:20190603101027p:plain

エレキギターを始めたのはいいけど、どんな練習をすればいいのか分からない。そもそも基礎練習が何なのかも分からない。ネットで調べての何のための練習なのか分からない。多数ありすぎて分からない。お困りのことでしょう。

心配無用です。

この記事を読んだらエレキギターの基礎練習フレーズ3選が分かりますよ。この記事では特に右手の基礎練習に集中します。

(初心者の方へ向けた記事ですが、中・上級者の方もコッソリ練習して下さい。)

ベスト3 ダウン・ピッキング

f:id:totalguitarmethod:20190603100416j:plain
上から下にピッキングするダウン・ピッキングです。

「ダウン・ピッキングなんて簡単」

と思ったでしょ?しかし、上級者になっても先生から注意点を細かく指摘されるのがダウン・ピッキングなんです。深すぎる、斜め過ぎる、擦りすぎる、遅すぎる・・・基本的動作であり、最重要動作であり、最難関でもあると考えて下さい。

最初はなにもかも真っ直ぐ当てること、弦に対して垂直、地面に水平、寝かせず、斜めにしないということに注意して下さい。

そして、弦を弾き終わった後の「振れ幅」を最小限にして下さい。弦を弾く前の大きすぎる「助走」や、弦を弾いた後の大げさな「フォロースルー」は不要です。

ベスト2 アップ・ピッキング

f:id:totalguitarmethod:20190603100426j:plain
下から上にピッキングするアップ・ピッキングです。どうしても「弦をすくい上げる」ような動作になりがちです。注意点はダウン・ピッキングと同じです。なにもかもが真っ直ぐになるようにして下さい。さらにスピードには注意が必要です。ダウン・ピッキングは重力に従っていますが、アップ・ピッキングは重力に逆らうわけですのでダウン・ピッキングの数倍「スピーディーに弾こう!」と思わなくてはいけません。ちなみにテンポを速くするという意味ではありません。

ベスト1 オルタネイト・ピッキング

f:id:totalguitarmethod:20190603100435j:plain
ダウン・ピッキングとアップ・ピッキングを「交互」に繰り返すのがオルタネイト・ピッキングです。この記事では右手に集中しますので、左手の間違いなどには神経質になる必要はありません。しかし、正しいリズムで弾けていることには神経質になって下さい。

「タカタカタカタカ」

と、均等に弾けているといいのですが、

「ターカ、ターカ、ターカ、ターカ」

とダウンが長くなったり

「タカー、タカー、タカー、タカー」

とアップが長くなったりしてはいけません。

当然ゆっくり練習するのがオススメですが、だからといって先述の「助走」や「フォロースルー」が大きくなってはいけません。最小限のピックの振れ幅で弾きましょう。

まとめ

エレキギターの基礎練習フレーズ3選の!右手編はダウン・ピッキング、アップ・ピッキング、オルタネイト・ピッキングの3つを練習して下さい。

これらエレキギターの基礎技術は上記を3つを合わせてなんと「100個」存在します。順序を間違うとギター人生は終わりです。脅かすようですが、世界中で何人のギター人生の終わりを見てきたことか・・・是非、正しい順序で練習して下さい。(正しい順序のメソッド)

津本幸司