ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターをマスターする3つのステップ

マスターしてやる!

活気の良い若い方のやる気に感心します。
でも遠回りしたり、足踏みしたりしちゃいますよね。

f:id:totalguitarmethod:20180904203913p:plain

心配無用です。

この記事を読んだらギターに限らずマスターする方法が分かりますよ。

3つのステップ

マスターするためには3つのステップを踏む必要があります。

  • 1つ目:頭で覚えること
  • 2つ目:感情で覚えること
  • 3つ目:身体で覚えること

例えば自転車

1つ目

2つ車輪があって、ハンドルがあって、足でこいで、転ばないようにバランスとって、ブレーキがあって、ライトがあって・・・まず頭で覚えます。
「あ!ブレーキがあるってことすっかり忘れてた!」
なんて許されませんよね。

2つ目

「乗れるようになってやる!」「ころんだら恥ずかしい!」「田中君と一緒に自転車で遊びたい!」「お父さんにかっこいいの買って欲しい!」「アサコちゃんにかっこよく乗ってるところを見られたい!」と、感情で自分が自転車に乗りたいことを覚えさせるんです。
「ま、乗れなくてもいっかぁ〜」
なんて思いながら自転車の練習したら大けがですよね。

3つ目

身体で覚えます。
そりゃ、転ぶでしょう。
そりゃ、ケガもするでしょう。
そりゃ、笑われるでしょう。
そして身体が覚えてくれて乗れるようになります。
今、自転車に乗れる皆さんは既に身体で覚えています。ハンドルやブレーキがあることなど考えてもいないはずです。そして、「乗れるようになりたい!」なんて感情ももうないでしょう。
そう、当たり前のように身体が覚えてるんです。

ここまで来たらマスターしたという事になります。

ギターなら

1つ目

ギターの弦がこうなってて、ピックがあって・・・技術はこんなのを練習して・・・理論はこんなの覚えて・・・とたくさん勉強することがあります。
「あ!ピッキングが大事なの忘れてた!」
なんて許されませんよね。

(これ、結構いるから不思議です・・・

そう、ドキッとしたあなたです)

2つ目

「絶対上手くなってやる!」「間違えたら恥ずかしい!」「田中君と一ションいライブやりたい!」「お母さんにライブに来てもらいたい!」「アサコちゃんにかっこよく弾いてるところ見られたい!」と、感情で自分がギターを上手くなりたいことを覚えさせるんです。

3つ目

身体で覚えます。
そりゃ、間違えるでしょう。
そりゃ、失敗するでしょう。
そりゃ、笑われるでしょう。
そして身体が覚えてくれて弾けるようになります。
ここまで来たら音楽理論がどうしたこうしたとか、技術がどうのこうのとかも考えないはずです。そして、「上手くなりたい!」なんて感情もなくなります。
そう、当たり前のように身体が覚えてくれるんです。

まとめ

マスターするためには3つのステップを踏んで下さい。

  • 1つ目:頭で覚えること
  • 2つ目:感情で覚えること
  • 3つ目:身体で覚えること

これでマスターできることがホントにたくさんあります。私自身、この記事を書いている2018年で44歳ですが、今もたくさんのことにチャレンジしています。

若い方はもっともっと可能性があります。十分に発揮して下さい。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドは

ブルース・フレーズは

ジャズ・フレーズは 

カッティング学習は