ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【2019年版】リバーブ オススメ3選!

リバーブ

2019年に買うべきリバーブは何でしょうか。私が独断で選びます。是非参考にして下さい。

ベスト3

TC ELECTRONIC / Skysurfer Reverb
ティーシーエレクトロニック

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

遂に4000円でこの手のリバーブが入手できる時代になったんですね。恐らくTCエレクトロニックは後述の他の製品押しなので差を付ける必要があったのかもしれませんね。リバーブの種類なんて空間をシミュレートした「ホール・リバーブ」、鉄板の振動シミュレートした「プレート・リバーブ」、コンボアンプに入ってるバネの振動をシミュレートした「スプリング・リバーブ」だけあれば十分だと思います。シンプル極まりないのですが、最初の一台ならこれで十分です。初心者の方や学生さんにはこれをオススメします。

ベスト2

TC ELECTRONIC / Hall of Fame 2 Reverb
ティーシーエレクトロニック

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

TonePrintと呼ばれる他の人の設定が移植できるのがこのシリーズの売りです。良い製品が前作にあったのですが、さらに進化したのがこちらです。素人さんの痒い所に手が届くのはもちろんのこと、「なんでもかんでもトゥルーバイパスだったら良いってもんじゃない」との事が分かってるプロのために、トゥルーバイパスとバッファードバイパスの両方が備わってます。さらにMASH機構と呼ばれるフットスイッチに掛かる圧力でパラメータをコントロールできるのも玄人好みです。

ただ、このシリーズの他のエフェクターの時にも書きましたが、これを一ヶ月没頭できるオモチャと捉えるか、面倒くさい機械と捉えるかは性格の問題でしょう。

こだわりの強い中級者以上のギタリストにオススメします。

ベスト1

MXR / M300 reverb
エムエックスアール

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

やはりベスト1はこれに落ち着きます。不動の定番でしょう。「シンプルなのに色々できる!色々できるのにシンプルにも使える!」という言葉で表現できると思います。リバーブなんて果てしなく種類が作れますし、畳み込む空間(どの空間をシミュレートするか)でも雰囲気がガラッと変わるのでプリセットで制作社のセンスが現れます。色々聞き比べるとこのM300のプリセットが最もしっくりきました。もちろん私も人の子です。好みがあります。私の耳の信じて下さる方にはこれをオススメします。

別売りのエクスプレッションペダルで設定がコントロールできるのも売りですが、個人的には要らないと思います。だって、自分が今弾いてる「空間」を連続的に切り替える必要ってあります?

貶してしまいましたが、それでもオススメです。

まとめ

2019年のリバーブは上記の3つから選んで下さい。初心者の方や学生さんはSkysurfer、こだわる方はHall of Fame 2、個人的に一番のオススメはM300です。

津本幸司

他の【2019年版】オススメ機材はこちら

f:id:totalguitarmethod:20190529110248j:plain