ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【2019年版】ノイズゲート オススメ3選!

ノイズゲート

2019年に買うべきノイズゲートは何でしょうか。是非参考にして下さい。

ベスト3

ROCKTRON / Micro Hush
ロックトロン

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

ノイズゲートの代名詞にもなったHush。ただ、Hushはデカいんです。そこまで場所を取らなくても・・・と思っていたら小さいのがでました。歪ませた時のノイズが気になる初心者の方にはこれがオススメです。つまみも1つですので回しながら「お〜ノイズが消えた〜、もうちょっと回してみよう・・あれ、弾いてる音まで消えちゃってるから回し過ぎかぁ〜」と簡単に確認できますよ。

ベスト2

ISP TECHNOLOGIES / DECI-MATE MICRO DECIMATOR PEDAL
アイエスピーテクノロジーズ

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

これもデッカイ版があるんです。同じ金額でミニ版が出ました。つまみが1つで使いやすいのはHushと変わりません。違いはノイズ除去フィルターの「急峻さ」。Hushがノイズを「サッ」と消してくれるとしたら、こちらは「ストン!」とより急峻に消してくれます。じゃあ、こっちの方が良いんじゃないかと思いきや、それは用途次第なんです。設定やフレーズによっては「ストン!」と切れるのがマズイ場合もありますからね。Hushを使ったことがある人で「もうちょっと急峻なゲートがあればなぁ」と思っている方にはバッチリです。

ベスト1

TC ELECTRONIC/ Sentry Noise Gate
ティーシーエレクトロニック

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

完全上級者向けです。あらゆるノイズゲートのこの部分とあの部分を組み合わせて使えると考えて下さい。ノイズレベルと判断してからどのくらい下げたいのか、どのくらいの反応にしたいのか、どのくらいゲートを急峻にしたいのかなどが設定できます。もちろんTonePrintと呼ばれる有名アーティストのセットアップを移植できる機能もあります。これでお値段がHushと変わらないのが不思議です。ただ、安いからといって初心者の方がこれを使うと混乱しますので注意して下さい。

まとめ

2019年のノイズゲートは上記の3つから選んで下さい。初心者の方にはロックトロン、急峻なゲートが欲しい方にはアイエスピーテクノロジーズ 、上級者にはティーシーエレクトロニックです。

津本幸司

他の【2019年版】オススメ機材はこちら

f:id:totalguitarmethod:20190529110248j:plain