ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

2019年買って良かった/悪かったオクターバー

オクターバー

今年も買い漁りました。良いオクターバー・悪いオクターバーがありました。知りたいですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、2019年買って良かったオクターバー・悪かったオクターバーが分かりますよ。

お断り

この記事は私、津本幸司のブログですので完全に私個人の意見です。特定のメーカーを攻撃することが目的ではありません。そこのところご理解下さい。

買って良かったオクターバー

MOOER ( ムーアー ) / Pitch Step

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

これいいですね。オクターブ上下の音量を設定してペダルで色々操作できます。「センサー・ペダルかぁ・・・使いにくい」と思う人は、昔のワウ・ペダルのように踏み込むことでオン・オフも切り替えられます。設定して踏むだけという簡単な操作なのに色々できるのがアイデアものだと思います。と、いうのもオクターバーなのかハーモナイザーなのか分からなくて、つまみとかがいっぱい付いてるのって混乱するんですよね。これ小さくてお安くて良いのではないでしょうか。

買って悪かったオクターバー

MOOER ( ムーアー ) / Tender Octaver Pro

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

同じメーカーなのに・・・こっちはなんかつまみだとかスイッチだとか大小様々なものが付いてて、結局何をどのように操作したらいいか分からないんです・・・「多彩」を売りにすると「混乱」が付いてくるのでしょうか。私には操作が直感的ではありませんでした。音は両方とも中国製のムーアですのでそんなに変わりませんでしたし、金額も同じようなもんです。オクターバーとして使うならPitch Stepの方が良いと思いました。あくまで個人的な感想です。

まとめ

MOOER ( ムーアー ) / Pitch Step

が最高でした。

MOOER ( ムーアー ) / Tender Octaver Pro

私には操作が直感的ではありませんでした。

お試し下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain