ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

2019年買って良かった/悪かったディレイ

買い漁りました

今年も買い漁りました。良いディレイ・悪いディレイがありました。知りたいですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、2019年買って良かったディレイ・悪かったディレイが分かりますよ。

お断り

この記事は私、津本幸司のブログですので完全に私個人の意見です。特定のメーカーを攻撃することが目的ではありません。そこのところご理解下さい。

買って良かったディレイ

MXR ( エムエックスアール ) / M169 Carbon Copy Analog Delay

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

やはりこれに落ち着きました。あらゆる浮気(?)をしましたが、やはりこれに戻ってきました。ディジタル・ディレイは反復される音がそのまま繰り返されるから耳障りなんです。その点このアナログ・ディレイは反復されるおとがちょっと「こもって」くれるので聴感上自然に感じます。弾いてても違和感ないです。そして、つまみ操作が「直感」とリンクしてます。「このくらい回したら、このくらい変わって欲しいなぁ」という感覚とマッチしていました。あくまで私の主観です(が、お使いの方はそう思いませんか?)

買って悪かったディレイ

BOSS ( ボス ) / DM-2W

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

昔のボスのアナログ・ディレイは凄く好きでした。上記のMXRのような反復される音の「こもり」がありました。ただ、弾く音によっては「あ、この辺の周波数を反復させると、ちょっとわざとらしいなぁ」と思う所もありました。恐らくそこが改善されたんだろうなぁと思って、この復刻版と言うかアップデート版を買ってみました。そうすると・・・

その「ちょっとわざとらしいなぁ」という部分が【全部】になっていました。

夜中に1人で

「なんでやね〜ん!逆だろがぁ〜!」

と、つっこんでしまいました。

まとめ

MXRのM169 Carbon Copy Analog Delayが最高でした。

DM-2Wが私に合いませんでした。

お試し下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

おまけ

このAmazonのオーディブルというのは「本を聴く」という優れものです。しかも、2019年12月20まで30日間は無料期間なんです。読書の大切さを知る人も知らない人も、すべての人にオススメしています。タダですから。オーディブル