ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

意外!全力ギタリストはダメ

全力!

「全力尽くす!」っていう言葉・・・聞こえはいいですよね。
実はちょっと注意が必要です。

f:id:totalguitarmethod:20190103172907j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらなぜ全力尽くすのがダメか分かりますよ。

結論

「勝算」があるときにのみ「全力を尽くし」ましょう。
「勝算」がないのに「全力を尽くす」と・・・

自滅します。

これは「無謀」と呼ぶんです。

失敗

大きく失敗した時には「自分ってダメだ」と、セルフ・イメージ(自分のイメージ)が下がってしまいます。これが起こってしまうと、その先どんどん悪い方向に進んで行き、悪のスパイラルに突入してしまいます。失敗に注いだ力が大きければ大きいほどセルフ・イメージは下がりやすいんです。心理状態がモロに音楽に、演奏に、上達に反映される仕事がギターです。

だから

まず全力を尽くす前に「勝算があるかどうか」を徹底的に考える必要があります。勝算がないなら「お試し」です。「お試し」に全力尽くすのはおかしいですよね。間違ってたときに反省して再スタートできるだけの余力は残しておきましょう

もし

もし「勝算」があって特定の事に挑んだのに、失敗したら・・・

2週間ギターも音楽もお休みしましょう。

一度リセットすることが大事です。
そりゃ2週間も休んだらギターは下手になります。

しかし、「誤った勝算」を持つくらいの方向に進んでたわけです。

もしくは「正しい勝算」があったのに失敗したわけです。

いずれにしても立ち止まったほうがマシです。

このまま進んでも良いことありません。

休むことも大事です。

まとめ

「全力尽くす!」っていう言葉は「無謀」と紙一重なんです。
ご自身の信頼できる先生に聞いてみて下さい。(先生がいない方はすぐに探して下さい)
全力を尽くすだけの勝算が自分にあるかどうか。
もしあるとおっしゃったら、振り返らず全力を尽くして下さい。

夢追いギタリストを応援しています。

津本幸司