ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

初心者エレキギター オススメ3選!

オススメ・エレキ・ギター

こんな大きなタイトルの記事を書いていいのでしょうか。
でも、初心者の方は

「誰かに選び抜いておいて欲しい!」

と思っておられるようです。

オススメのエレクトリック・ギター(エレキ・ギター)3つ紹介します。

私が独断で3つ選びます

初心者の気持ちと今後の上達を考えた3本です。当然10万円のギターと30万円のギターを比較するわけにはいきませんので、だいたい10万前後のギターをオススメしたいと思います。

ベスト3

IBANEZ / RG570-BK

アイバニーズ

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

Amazonで見る

楽天で見る

まずはこれです。ロック系、特に技巧的な演奏を目指す方を想定しています。これ、全部付いてるんです。24フレットまであるので「フレットが足りない」なんてことはありません。フローティング・トレモロといって、アームを使ってワンワン鳴らせます。ピックアップはハムバッカー、シングル、ハムバッカーと3つ付いており、色んな組み合わせで多様な音が鳴らせます。ネックが初心者の方でもサラッと握りやすくなっています。色はお好みですが、好みの固まらない時期に奇抜な色を選択するのは危険だと思います。私も最初の1本は黒でした。

ベスト2

FENDER / Standard Telecaster Maple Fingerboard Butterscotch Blonde
フェンダー テレキャスター

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

Amazonで見る(色が若干違います)

楽天にはありませんでした。

これです。エレクトリック・ギターと言えば、ストラトやレスポールより前にこの「テレキャスター」です。「テレキャス」と略されますね。
通常のテレキャスはブリッジのお皿の部分がミュートしづらい形状になってるんです。これが初心者を挫折に追い込む原因でした。でも、ここで紹介するテレキャスはブリッジにモダンなサドル(弦を乗せとくやつ)が搭載されているので安心です。
メープル指盤(白い木)は音がキンキンすることがありますが、このギターはテレキャスのモコモコと相まって良い感じになっています。オススメです。
テレキャスの色もお好みですが、テレキャスと言えばこのバタースコッチ色なんですよね。お好みがあるかとは思いますが、定番で失敗はないと思います。
もちろん、どんなジャンルにでも使えるのも嬉しい部分です。

ベスト1

FENDER / MIJ Traditional 60s Stratocaster Gold Hardware Rose 3CSB

フェンダー ストラトキャスター

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

Amazonで見る

楽天で見る

ベスト1はレスポールだと思ったでしょ?

違います。レスポールは重いし、バランス悪いし、初心者には向きません。

エレクトリック・ギターのオススメのベスト1はこの「ストラトキャスター」です、「ストラト」と略されますね。しかも日本製です。そして60年代の形状です。

これで良いんです。

まず最初のオススメの理由は形状です。弾きにくい場所がありません。このストラトキャスターが、エレクトリック・ギターの「スタンダード」なんだと身体に覚えさせておくといいでしょう。

次のオススメの理由は指盤がローズ・ウッド(黒い木)なんです。湿気の多い日本の気候にあってますし、メイプル(白い木)のようにキンキンうるさくなることもありません。

最後のオススメの理由は重量バランスです。ヘッドが他の年代のものよりも小さく持ちやすいバランスです。初心者の方もストレスなく演奏できます。そして、繰り返しますが重量感もこれが「スタンダード」なんだと身体に覚えさせれば、今後他のギターを選びやすくなります。

もしかしたらすぐに他のギターを買い換えたくなるかもしれません。でもこの先ロック・ギタリストになろうが、ジャズ・ギタリストになろうが、自分にとって

「最初に所持したギターがストラトだった」

という事実が残ることが財産だと思います。

今後「ストラトのこの部分が好きじゃないんだ~」という会話も、ストラトを所持したことがないギタリストは参加できませんしね。

まとめ

最初のエレクトリック・ギターにまよったら上記の3つから選んで下さい。技巧派をめざすならアイバニーズ、それ以外の方はテレキャスかストラトがオススメです。

津本幸司

 

ズボラでも簡単。それはギタリストの一年の計が年末年始にあるから。