ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ト音記号とは

ト音記号

聞いたことありますよね。
というか小学校で習いますよね。
じゃあ何を意味する記号?
音楽のマーク?
分かりませんよね。
以外と中級者でも知らないものです。

f:id:totalguitarmethod:20180708092355j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらとト音記号が何か分かりますよ。

ト音がどこか

ドレミファソラシドは日本語でいうとハニホへトイロハです。
その「ト」の音、つまり「ソ」の音がどこにあるかを示した記号です。
かっこよく英語で言うとGの音がどこにあるかを示しています。

よ~く見るとアルファベットのGの形になってるのが分かりますか?

f:id:totalguitarmethod:20180708092305j:plain

この記号のくるくるっとまるまった先っちょが「ト音」なんです。

f:id:totalguitarmethod:20180708092422j:plain

へ音記号

低い音用の楽譜には「へ音記号」があります。
今度はハニホヘ・・ですから「へ」の音、つまり「ファ」の音がどこにあるかを示しています。
英語で言うと「F」ですね。

なんとな〜く形が「F」に似てますね。

f:id:totalguitarmethod:20180708092437j:plain

実は・・・

ハ音記号ってのがあるんです。
これです。

お察しの通りどこが「ハ」音、つまり「ド」の音かを示す記号です。

f:id:totalguitarmethod:20180708092522j:plain


こんなもん見たこともない人も多いでしょう。

しかし!

たまに出てくるんです。
合唱とかでソプラノ、アルト、テナー、ベースという四声に分類されるのはご存知でしょうか?
一番高いソプラノはト音記号、一番低いベースはへ音記号で記されますが、真ん中のアルトやテナーはハ音記号で記される場合があるんです。
で!ギターというのは低音楽器です。
でも、べース・ギターほどの低音ではありません。
テナーくらいの分類なんです。

だから、昔のアメリカのビッグバンドのアレンジや、古いミュージカルなんかの譜面ではギターがハ音記号で書かれている場合があります。

私も大学時代に

「いらね~よ、こんなもん」
と思っていました。

22歳の頃、ニューヨークの仕事で古いハ音記号のギターの楽譜を読まされて、間違えまくって、怒られて・・・

思い出したくない過去です。

まあ、今の時代のギタリストは「ふ~ん、ハ音記号ってのがあるんだ・・・」くらいに覚えておくといいと思います。

まとめ

  • ト音記号はどこが「ソ」の音かを示す記号。
  • ヘ音記号はどこが「ファ」の音かを示す記号。
  • ハ音記号ってのもあることだけ覚えておくといいと思います。

初心者の方の参考になれば嬉しいです。

津本幸司

 

音楽理論の個人指導はこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら