ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

Best3!ギター初心者の基礎練習

初心者のギター練習項目なんて果てしなくあります。

誰かに「これさえまずやっとけば大丈夫です!」と言い切って欲しいですよね。そのお気持ちすごく分かります。しかしこのブログの他の記事でも再三にわたり書いていますが、そんな手っ取り早い方法なんてありません。
「それは分かってるから、今の僕を助けると思って3つに絞って・・・」
そんな気持ちですよね。
確かに、何かの「とっかかり」がないと始めることが難しいでしょう。

f:id:totalguitarmethod:20180406092740j:plain

心配無用です。

この記事でBest3を私が無理矢理選びます。上記の「そんな手っ取り早い方法なんて無いのは分かってる。でも何かしらの『とっかかり』を。」という初心者の方のためです。

1つ目

f:id:totalguitarmethod:20180406091948j:plain

運指バランスを均等化するエクササイズです。
ありがちなのは6弦から1,2,3,4フレットを押さえて、その次に5弦の1,2,3,4を押さえるエクササイズです。このエクササイズでは上手になれません。

読者の方の年齢は存じ上げませんがブログの文章をお読みになれる年齢であることは確かです。


今までの人生でどれだけ人差し指や中指を使ってきたことか。どれだけ薬指や小指を使わなかったことか。ドアを開けるときにドアノブを薬指と小指で握ろうとする人なんていませんよね?


それだけ薬指や小指は使っておらず、鈍いんです。
だからそれらに負荷をかけるエクササイズをするべきです。

f:id:totalguitarmethod:20180406091639p:plain

このエクササイズは1つの弦に人差し指で押さえるのが1回、中指が2回、薬指が3回、小指が4回になります。つまり、動きが鈍い指ほど負荷が多くかかっているため、これを続けることで指の動きが均等になります。

2つ目

f:id:totalguitarmethod:20180406091952j:plain

スケールを2カ所で弾きます。

f:id:totalguitarmethod:20180406091518p:plain

f:id:totalguitarmethod:20180406091520p:plain


ただのドレミファソラシドを低い場所と高い場所で弾くだけです。
これはフレット(銀の棒)の「間隔の感覚」を身につけるためです。ギターを見るとわかりますが、1,2,3フレット近辺よりも12フレット近辺の方がフレット同士の間隔が狭くなっていることがわかります。

 

車で言うと車両間隔のようなものです。これは「身につけよう!」と、意識して身につけられるものではなく、弾いてるうちに身につくものです。
なので、低い1,2、3フレットばかりで練習を続けて、急に12フレット以上を弾いたら間違えてしまいます。


今のうちに間隔の感覚を身につけましょう。

3つ目

f:id:totalguitarmethod:20180406092006j:plain

 

ブラッシング

f:id:totalguitarmethod:20180406091305p:plain

とにかく毎日1分だけで良いので振って下さい。
筋トレが不要なことは他の記事で説明しました。
しかし、手には骨が27個もあり複雑に絡み合っています。あらゆる動きができるということはそれだけ関節が多いと言うことです。ギタリストの皆さんは通常の生活では考えられないような複雑な動きを身につけようとするわけですので、関節に柔軟性を持たせる必要はあります。

グロいので手の骨の画像は張りませんが、お好きな方は検索して下さい。

まとめ

  1. 運指バランスを均等化するエクササイズ。
  2. スケールを2カ所で弾いてフレット間隔の感覚を身につける。
  3. ブラッシングで右手の関節に柔軟性を持たせる。

初心者の方の「とっかかり」になれば嬉しいです。

また、上級者の方も初心者の方にアドバイスする時に自分が言い切ると責任が重いので

「津本幸司はこの3つだとか言ってた。ま、あいつのいうこと良くわかんないけどな(笑)」

と、私のせいにすればいいと思います。

津本幸司

私と一緒に練習して下さる方はこちら