ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターの弾き方に差がつく3つのスケール練習法

いろんな弾き方がありすぎ

同じスケールでもいろんな弾き方がありますよね。C音から弾くパターン。最低音から弾くパターン。斜めにずれていくパターン。なんでこんなに種類があるんだろう。どうやって使い分けるんだろう?どれから練習するんだろう?困りますよね。お気持ちすごく分かります。

心配無用です。

この記事を読んだらそれらを使い分けて差がつくスケール練習ができるようになりますよ。

弾き方に差がつく3つの練習法

スケールは用途によって練習方法を変えるのがオススメです。

スケールを覚える時

まず1つ目は単純にスケールを覚えようとする時。
この時はポジションと呼ばれる形を覚えます。

f:id:totalguitarmethod:20180401112531p:plain


ポジションとは特定のフレットに特定の指を担当させる弾き方です。
ギターのスケールのポジションどれから覚える?
ギターのスケール練習の弾き方
の2つの記事を参考にして下さい。

このポジションは構成音を把握するのに便利です。
コード・フォームとも重なることが多くスケール学習にはもってこいです。

そしてこの場合はトニック音、つまりCメジャー・スケールの場合はCの音から弾き始めるといいでしょう。

技術の練習

2つ目は技術の練習です。速いパッセージを弾く左手の練習、右手のピッキングの練習、左右のタイミングを合わせる練習です。

この時はスリー・ノート・パー・ストリングと呼ばれる弾き方で練習して下さい。

スリー・ノート・パー・ストリングとは「1本の弦に3音ずつ音を弾く」と言う意味です。

先述のポジションではギターの構造上どうしても1本だけ2音しか弾かない弦が生まれてしまいます。これが「弾きにくい」んです。

スリー・ノート・パー・ストリングではこのストレスから解放され、技術の練習に集中できます。

f:id:totalguitarmethod:20180401112543p:plain

音楽理論の学習

最後の3つ目は音楽理論の学習時です。
ジャズ・ポピュラーの音楽理論ではスケールの比較がたくさん登場します。
例えば、メジャー・スケールとメロディック・マイナー・スケールの違いは何かな?などを考えます。

この例の答えは「3番目の音がメロディック・マイナー・スケールの方が半音低い」です。

このような音楽理論を考える時は「6弦人差し指」からスケールを弾き始めて下さい。スリー・ノート・パー・ストリングでもポジションでも自分で編み出した形でも問題ありません。基準点である「6弦人差し指」を決めることが大切です。

f:id:totalguitarmethod:20180401112820p:plain

そして、2つのスケールを弾き比べて3つ目の音が異なることが確認できればバッチリです。

まとめ

弾き方に差がつく3つの練習法

  • スケールを覚える時は、ポジション。
  • 技術の練習は、スリー・ノート・パー・ストリング。
  • 音楽理論の学習は「6弦人差し指」から弾き始める。

f:id:totalguitarmethod:20180401113109j:plain

以上の内容が皆様の練習のヒントになれば幸いです。
私自身このような練習方法を効率的に習得できないかを模索しており、遂にスケールのメソッドを完成させました。トータル・ギター・メソッドとして、もれなく、ダブりなく、自動的にスケールが上達するメソッドです。参考にして頂ければ嬉しく思います。

津本幸司