ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターが上達しない理由

ギターが上手くなる方法って

なかなか見つかりませんよね。でも、上達しないには何か理由があるかもしれない。そんな風に思うとググっちゃいますよね「ギター 上達しない 理由」「ギター 上手くなる方法」「ギター 効果的な練習方法」「ギター 練習 間違い」
そして、ふと気付きます

わ!1時間経っちゃった・・・こんな暇あったら練習できたのに・・・

ありますよね。
でも、ギターが上達しない理由は気になります。

心配無用です。

この記事を読んだらギターが上達しない理由が分かりますよ。

客観的に見ていない

結論から言うと「自分の練習を客観的に見ていないこと」が原因です。
無駄なことをやってしまってるんです。そしてそれに気付いていないんです。あろうことか、気付こうともしていないんです。

没頭することは良いことですが、無駄なことに没頭してしまっていると大変です。しかもその無駄なことを正当化する理由(商売目的の人気の教則本など)があったりするともっと大変です。

学校の勉強なら

学校の勉強だと考えると、期末テスト前なのに必死で一つの教科だけやってることに気付く事もあるでしょう。さらに、数学の方程式を解くためだけにとんでもない時間を費やしてたりする。
「わ、やべ!古文のテストも明日だった・・・もう捨てたわ・・・」
この人の期末テスト全体の成績が悪いことは分かりますよね。

f:id:totalguitarmethod:20180324160702j:plain

ギターの練習なら

ギターの練習だと、将来的にバンドで活躍したいのに、基礎練習ばかりしてたりします。さらに、その基礎練習のピッキングの角度ばかりに意識が行っていることもあります。
「わ、やべ!来週のライブでやる曲のCm6ってどうやって押さえるんだっけ?」
このギタリストの将来がどうなるかわかりますよね。

 

気付くことは簡単です。
気付こうとすることはもっと簡単です。
今日からできます。
偉い先生など不要です。
自分でできます。

解決策

「自分を畳(たたみ)一畳分後ろの上から見る」
これだけです。日本では分かりやすいように畳(90cm x 180cm)とされることが多いのですが、1メートル後ろで、2メートル上から見る方法は世界中の脳科学者が推奨する方法です。

実際には「見る」という言葉よりも「俯瞰する(全体を見下ろす)」と言う言葉が適切です。でも、難しい言葉を使いたくないので「見る」と書きました。

f:id:totalguitarmethod:20180324160817j:plain

具体的に

方法は自分がギターを持って座っていたとします。
そして、あたかも幽体離脱したかのように畳一畳分後ろの上から見下ろそうとします。
そうすると、自分が練習している姿が見えます。
それを見ながら客観的に色々考えるんです。
「よしやろう!」と思った自分を見て、「この人は何やろうとしてるんだ?」と考えてみる。
「もうちょっと続けよう」と思った自分を見て「この人やり続けて意味あるかな?他にやることあるんじゃないの?」「てか、この人、時間かけすぎてないかな?そんなにそれに執着しなくても・・・」と考えてみる。

この畳一畳分が大事です

このように否定的に自分のやっていることを考える方法として、自身と対話をするセルフトークと呼ばれる別の方法もあるのですが、これだと意見の違う主観のぶつかり合いになることがあります。
この畳一畳分後ろの上から見ることで、自分を取り巻く環境も同時に見ることができるんです。

テレビが付けっぱなしだったり、気になる雑誌が散乱してたり、兄弟が横でお菓子食べてたり。

そして自分の行動自体にも、たくさんの修正すべき点があることに気付くんです。しょっちゅうスマホの通知を確認してたり・・・(してるでしょ?)

f:id:totalguitarmethod:20180324160944j:plain

修正すれば効率良く練習できます。

これを反論した人がいました!

私がコンサルタントをしている人でこの提案を否定した人がいました。
それやったら統合失調症になってしまいませんか?

・・・驚きです。

太ってる人がいたとします。食事制限をするように専門家が言ったとします。
それやったら拒食症になってしまいませんか?

・・・分かりますよね。

f:id:totalguitarmethod:20180324161131j:plain

他人なら愛想笑いでその場を去りますが、コンサルタント料を頂いているので、徹底的に話し合いました。

納得して頂き、今となっては私のコンサルタント業務として行っているギター教室開業セミナーも受講して、着々と成功の道に向かっておられます。(なので笑い話として語れるわけです。)

まとめ

  • ギターが上達しない理由は無駄なことに没頭しすぎているから。
  • 自分を畳(たたみ)一畳分後ろの上から客観視する。
  • 自分のやってることが正しいか、あたかも他人を見るように判断する。
  • 自分の取り巻く環境、自分の行動に修正すべき点がないかを確認する。

皆さんがギターが上手くなる方法を身につけるためのヒントになれば幸いです。

津本幸司