ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターのスケールのポジションどれから覚える?

たくさんあって覚えられないですよね

ギターのスケールのポジションって紛らわしいですよね。何度練習してもあってるのか間違ってるのか。新しいのを覚えたら一つ前のを忘れてしまうし・・・

結局何個覚えればいいのだろう・・・全てのポジション覚えるなんて無理・・・

困りますよね。

心配無用です。

この記事を読んだらどのスケールのポジションをどれだけ練習すればいいかが分かりますよ。

5つだけ

結論を言うとギターのスケールはポジションを「5つ」だけ覚えれば十分です。

何十冊も教則本を書いておいて「5つ」だけってどういうことだ?と思うでしょう。

そもそも

そもそもポジションを「覚える」という考え方が間違っています。
ポジションを覚えることが必要なのであれば私自身20個目くらいで挫折してると思います。
しかし、何百というスケールのポジションを自由に弾くことができます。
これができるのは私は覚えているのではなくて「スケールの内容を把握している」からです。

例えばメジャー・スケールのポジションを1つだけを覚えたとしましょう。
その時にその覚えた1つのポジションの構成音がそれぞれ何の音で、キーの何番目の音なのかを把握します。
そうすると
「今覚えたスケールの3度の音だけ半音下げよう!」
ということが簡単にできるわけです。
ちなみに、これでメロディック・マイナー・ポジションが一つ弾けたことになります。

そして

「今弾いたスケールの6番目の音も半音下げてみよう!」
ということも簡単です。
これで、ハーモニック・マイナー・スケールの完成です。

いかがでしょうか。順序的に

  1. 私がまず覚えたのはメジャー・スケールのポジション1つだけです。
  2. 構成音を把握しました。
  3. 3度を半音下げるとメロディック・マイナーになるということと、そのメロディック・マイナーからさらに6度を半音下げるとハーモニック・マイナーになるということを知識として知っていました。

これだけで3つのポジションが弾けることになります。

苦しいのは

これを

  1. メジャー・スケールのポジションを覚える。
  2. メロディック・マイナーのポジションを覚える。
  3. ハーモニック・マイナーのポジションを覚える。

と、やってしまうとすごく苦しい思いをします。

ほとんどのギタリストがやってしまってるのがこの練習です。

解決策

まずCメジャー・スケールのポジションを5つ覚えて下さい。

人によってはポジションが7つあると紹介する場合もあります。それは間違いではありませんが、私はバークリー・メソッドに従い基本の5ポジションを覚えることを推奨しています。
ものごとはややこしくするべきではありません。

そして、次にそのCメジャー・スケールがAナチュラル・マイナー・スケールと同じだということを知って下さい。これをリラティヴ・マイナーと呼びます。

次に構成音を徹底的に把握して下さい。

面倒なことはわかります。しかし、自分が何の音を弾いてるのか分からずに音を出しているのは音楽ではありません。ピアノの鍵盤を何の音か分からずに叩けないのと同じです。
もし、形を覚えて満足してしまったら、正しい場所を正しいタイミングで押さえる指のゲームをしているだけになります。

それが把握できたらスケールの構造の勉強をして下さい。

ハーモニック・マイナー・スケールの構成音がどうなっているのか、ペンタトニック・スケールはメジャー・スケールから何番目の音を省いたスケールなのか。

最後に覚えたメジャー・スケールのポジションにその知識を当てはめて弾きます。

知識として知っているスケールのポジションは全て弾ける事になります。

まとめ

たくさんあるスケールのポジションはメジャー・スケールのポジションを5つ覚えるだけで十分。
構成音を把握して、スケールの構造を勉強して下さい。
無駄な「覚える」作業から解放されますよ。

 

とは、いえ・・・

自分の作業があってるのか間違ってるのか分かりませんよね。
そのために私はトータル・ギター・メソッドのスケール編を書きました。ポジションの定義、全てのポジションの提示、そしてそれらのスケールをどう使うかというポジションの実践フレーズまで一つのメソッドにまとめました。ご参考になれば幸いです

津本幸司

もはや都市伝説!練習時間と上達時間の比例しない