ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターのスケールの種類と練習

どれから練習するの?

ギターのスケールは種類がたくさんありすぎてどれから練習していいか分かりませんよね。スケール練習方法はたくさん出回ってるけど、どうやって使うのかが分かりませんよね。

f:id:totalguitarmethod:20180311091003j:plain

心配無用です。

この記事を読んで自分に「今」必要なスケールと、その実践方法を身につけて下さい。

混乱する原因

なぜ、たくさんのスケールに目が回って、どれから手を付けて良いか分からず、どうやって使うか混乱するのでしょうか。その理由は、情報の多さにあります。情報を得るための便利なツールである、インターネットが混乱させているんです。

私がギターを始めた30年前、アメリカで信用できる教則本は2冊程でした。そのうちの一つが、私の大学の教科書であったモダン・メソッド・フォー・ギターです。後にも先にもこれ以上の本はないでしょう。

ここに5つのスケール・ポジションが掲載されており、それをマスターしてるかしていないかが最初の関門でした。迷わず必死で練習することができました。

当時も今と変わらず無数のスケールが存在していたことは事実です。つまり情報を抜粋してくれていたわけです。

今の問題は、膨大に膨れたインターネット上のスケール情報を抜粋してくれる人がいなくなっていることです。混乱している方が悪いわけではありません。

解決策

解決策は2つです。自分に適切なスケールを信頼できる人に抜粋してもらうか、あるいは自分で抜粋するかです。
やってはいけないのが、インターネット上で抜粋している情報を探そうとすることです。そもそもインターネットが情報を混乱させているのに、その中に解決策を探そうとするのは矛盾しますよね。

私もこのブログで、お会いしたことのない方に対して、このスケールがあなたに適切ですと言うことはできません。

信頼できる人や先生がいるなら

素直に「今どんなスケールを練習したらいいんでしょうか?」と聞いて抜粋してもらって下さい。スケール自体をマスターしたら「このスケールをどうやって使うんでしょうか?」と聞いて下さい。こんなに単純な作業はありません。これに即答できない方であれば、信頼できる関係にまで至っていないということです。これはその人が悪いわけではなく、その人が持つべきあなたの情報が不足しているのかもしれません。

自分で抜粋するなら

まず以下の10項目の必須スケールから自分に不足しているものを探す作業から始めて下さい。以下のスケールはマスターすべき順番に並んでいます。

  1. メジャー・スケールのポジション
  2. メジャー・スケールのスリー・ノート・パー・ストリング
  3. クロマチック・スケール
  4. ペンタトニック・スケール
  5. ブルース・スケール
  6. ハーモニック・マイナーのポジション
  7. ハーモニック・マイナーのスリー・ノート・パー・ストリング
  8. メロディック・マイナーのポジション
  9. メロディック・マイナーのスリー・ノート・パー・ストリング
  10. シンメトリック・スケール

メロディック・マイナー・スケールは弾けるのにハーモニック・マイナー・スケールが弾けないのは問題です。

初心者なのにブルース・スケールを覚えまくるのも危険です。

混乱のスパイラルに注意

しかし、多くの人が4.ペンタトニック・スケールのポジションを1,2個知った後に、5.ブルース・スケールを少しかじって、6.ハーモニック・マイナー・スケールのスリー・ノート・パー・ストリング・スケールを1つだけ覚えて速弾きしています。

これをすると確かに「弾けたような気分」になって面白くなるんです。

そして、他にもあるはずだとインターネットや教則本を買いあさる・・・混乱のスパイラルに自ら飛び込んだようなものです。

 

まずは1.メジャー・スケールのポジションが弾けて、使えることが最優先です。そこから自分のレベルに合わせて何番目を練習するべきか考えて下さい。

まとめ

スケール練習で混乱しているのは情報がありすぎるため。信頼できる先生に必要なスケールを抜粋してもらうか、10項目の必須スケールを順序よくマスターするといいでしょう。


私はこの情報洪水からギタリストを救うためにギター教育をメソッド化することを音楽教育者としてのミッションとしています。以下にてスケールをメソッド化しましたので参考になれば幸いです。

津本幸司