ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターでハーモニック・マイナーは速弾きのスケール?

「ギターでハーモニック・マイナーは速弾きのスケールですか?」とご質問頂きました。

80年代の若者は

ハーモニック・マイナー・スケールと聞くと昔の80年代の若者は速弾きを想像しました。音楽理論の情報などなく、リッチー・ブラックモアやイングウェイ・マルムスティーンを聴いていると不思議なサウンドが聞こえてきました。それがハーモニック・マイナー・スケールだと知った若いギタリスト達がこぞってハーモニック・マイナー・スケールのポジションを覚えてリズムもメロディも無視してゲーム感覚で速さを競って引き倒したのです。音楽でもなんでもありませんでした。貴族風の格好もセットだったのでしょう。

当時の若者は今・・・驚いたことに、音楽学校やギター教室の先生になっています。
おじいちゃんになっちゃって、下っ腹は出ちゃってますが、当時の美的感覚を後継者に与えようと頑張っておられます。

ハーモニック・マイナー・スケールを練習したらあの人達の仲間入りをしてしまうのでしょうか?
「ハーモニック・マイナー・スケールは速弾きのスケール」なのでしょうか?
逆にハーモニック・マイナー・スケールなんて弾かない方がいいのでしょうか?

怖いですよね。

心配無用です。

この記事を読んだらハーモニック・マイナー・スケールの本当の意味が分かり、練習すべきかどうかが分かりますよ。

ちがいます

結論から述べると、「ハーモニック・マイナー・スケールは速弾きのスケール」ではありません。

リッチー・ブラックモアをはじめとするロック・ギタリストがクラシック音楽を真似して「それっぽく」聞こえるように工夫しただけです。あのギタリスト達が思うクラシック音楽であり、実際のクラシック音楽とは関係ありそうで無関係です。「ハーモニック・マイナー・スケールはクラシック音楽のスケール」というのも間違った考え方です。

そしてその後にブラックモアをマネした一人のギタリストが超高速でそのスケールを弾き始めました。

 

バロックがすべて、バッハ命と言いながらオーケストラと共に演奏する速弾きギタリストです。ステージを見ると2,3時代後であるロマン派のソロ・コンチェルトの形で、楽器編成もロマン派後期で、音楽学的にはメチャクチャです。組曲とは本来アルマンド・クーラント・サラバンド・ジーグからなる舞曲のことをいいますが、適当にロックの曲に番号をつけて「組曲!」と言っていることも恥ずかしいです。
さらに、オーケストラ用のソナタはシンフォニーと言い楽章構造にも細かい決まりがありますが、このギタリストは伴奏にオーケストラがいたら「シンフォニー!」と呼んだりしていることなども、クラシックに精通する人には隠したくなる事実です。

 

勘違いしないで下さい。このギタリストが悪いことをやっているわけではありません。このギタリストはあの独自の世界を持っているのでそれはそれで素晴らしいことでしょう。

ただ、「ハーモニック・マイナー・スケール=あの世界観」と考えている日本人ギタリストがとても多いのが問題です。

解決策

まず本当のハーモニック・マイナー・スケールの意味を知りましょう。

ハーモニック・マイナーとは
ナチュラル・マイナーというスケールがあります。ドレミファソラシドをラの音から並べただけです。
ラシドレミファソラになります。
このナチュラル・マイナーの7番目の音を半音上げたのがハーモニック・マイナー・スケールです。
つまり、ソに♯がついて、ラシドレミファソ#ラになります。

なぜ

なぜこんなことをするのでしょうか。
音楽理論の難しい話は省きますが、詳しく知りたい方は拙著をご覧下さい。
まず、スケールは開始音に解決したくなります。
例えばどれみふぁそらし~~~っと伸ばしたら
「うぅ、早くドの音に解決してくれ」と感じるのです。
こう感じる理由は、最初のドに磁石のように引き寄せられる性質をもっているからです。

 

これが「トーナル・テンデンシー」と呼ばれるものです。

 

そのドの音に近ければ近いほど「解決してくれ」という感じが強くなると思って下さい。


だから伸ばしてる音がドの半音下にあるシだと強くそう感じるわけです。

ここでナチュラル・マイナーをみると最終音のソは開始音のラの1音下にあります。
1音下だと「早く解決してくれ」という感じがあまり強くならないんです。
なので強い「早く解決してくれ」を生み出すためにわざとソを半音上げてラの半音下にしてしまうわけです。

ちなみに、この解決を「終止」と言います。
難しい解説を始めると、属音から構成される四和音が属七の和音になるため・・・と眠くなります。

 

早い話が「ハーモニック・マイナーはナチュラル・マイナーを良い感じに解決するように変えたスケール」ということです。

スタイル

ジャズはもちろん、ポピュラー、演歌、クラシック、ボサノバ、ディズニー音楽や童謡に至るまで、どのスタイルの音楽にも必須のスケールです。知ってるマイナ-・キーの曲をたった1つ挙げるとしても、かなりの確率でハーモニック・マイナー・スケールが使われています。もちろんロックにもたくさん使われています。

そのくらい頻出であり、重要なスケールなんです。

なんで速弾きのスケールと思っちゃったか

ハーモニック・マイナー・スケールを速弾きのスケールと考えてしまうのは、これらのあらゆるスタイルの中の、ロックというジャンルの中の、ネオクラ(?)などと呼ばれるジャンルのたった一人のギタリストがやったハーモニック・マイナー・スケールの速弾きという「芸」を、たった一つの日本の雑誌が「王者の技」と称えているのを読んでしまったからです。

 

こんなIT時代にどれだけ狭い事を信じ込んでしまっているのかわかって頂けると幸いです。

まとめ

ハーモニック・マイナー・スケールは速弾きのスケールではありません。
あらゆるスタイルの音楽に必須のスケールですので必ず勉強して下さい。


初心者の方が正しいスケールの知識を持つことを願っています。

津本幸司

地方のギタリストが暴露。ISMのこれさえ受けとけばオーケー