ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターの弦の選び方

迷う弦選び

ギターの弦選びは迷いますよね。
ERNIE BALL(アーニー・ボール)は聞いたことのあるメーカーだと思います。D’Addario(ダダリオ)も有名です。Elixir(エリクサー)は高級なコーティング弦として有名ですね。

f:id:totalguitarmethod:20180217183205j:plainf:id:totalguitarmethod:20180217183138j:plainf:id:totalguitarmethod:20180217183149j:plain   

弦の太さも0.09ゼロキュー、0.10イチゼロ、0.11イチイチ、0.08ゼロハチなど迷いますね。
「ギター弦 売れ筋ランキング」で検索して上位をクリックしてホントに大丈夫?

種類、太さ、コーティングの有無・・・なにがなんだか

安心して下さい

心配無用です。この記事を読んで、あなたにピッタリなギターの弦を選べるようになって下さい。

あんなに種類と数がある理由は、ギター、スタイル、レベルなどに合わせて選べるようにしてくれているんです。あなたの今のスタイル、筋力、指の状態、体質、経済状況に合わせた選び方を知れば大丈夫。

解決策

まず、本ブログはエレキギターを前提としていますので、アコギは除外します。そして初心者の方をターゲットにお話しますので、上級者の方のこだわりなどは論点から除外します。

弦の太さをゲージと呼び、1弦のゲージを基準に考えます。果てしなく種類はありますが、通常は4段階くらいでしょう。基本的に細いゲージは細い音、太いゲージは太い音がします。細い方から0.08、0.09、0.10、0.11。メーカーはERNIE BALL、D’Addario、Elixirくらいから選ぶのが妥当でしょう。

4つの選択手順

①まずは使用ギターとスタイルです。
ジャズのようにクリーン・サウンドでなめらかに弾くには0.09だと少し頼りないかもしれません。歪んだ音で光速で速弾きをするなら0.11のような太い弦ではプレイアビリティが下がるでしょう。ブルースのようにクランチで太いサウンドを出すなら0.10でも頼りなく感じるかもしれません。この考え方がスタート地点と思って下さい。

②次に筋力です。
0.10の弦をチョーキングして指に負担がかかりすぎるようなら迷わず0.09にして下さい。指を傷めては元も子もありません。

③次に指の状態です。左指の先が堅くなる「ギター指」が出来上がっていないなら、迷わず0.09にして下さい。0.08にするのもありでしょう。
筋力があり、ギター指もできあがっており、太いブルース・サウンドが欲しいなら0.11に挑戦するのも良いでしょう。

④次が体質と経済状況です。つまり汗っかきかどうか、どのくらいお金をかけれるかどうかです。これによってメーカーが変わります。ERNIE BALL、D’Addarioの弦は600円ほどの安価ですがコーティングされていません。Elixirはコーティングされていますが1,200円と高額です。

汗っかきならコーティング弦の方が長持ちします。自分がどのくらい弾くかを考えて、お財布をと相談するのがいいでしょう。汗っかきな人が、一日5分しか弾かないギターに1000円の普通の弦を買って3日で錆びさせるのと、1500円のコーティング弦を2週間使い続けるのとでは後者の方が経済的ですものね。

今の自分とこれからの自分

この4つのステップを踏めば自分に適切な弦がピンポイントで見つかります。しかし、あくまでこれらは「今」の自分に適切な弦です。

アイバニーズでテクニカルなプレイをやっていたけど、急にGibson ES-335に買い換えたくなって、さらにギター指ができあがってきたなら1つ太い弦にするのも良いでしょう。

ウェス・モンゴメリーのようなジャズギターから、フェンダーのストラトキャスターを使ってイングウェイ・マルムスティーンのような速弾きに転向するならゲージを落とすのも良いでしょう。

自分はどんどん変わり続けるのでその都度自分に合う弦を探して下さい。

実際のカウンセリング例

幾つか私がカウンセリングした実在のギタリストの例を挙げますので、参考にして下さい。

  • 仮名:真美子さん24歳、会社員、ギター歴2年、使用ギター:Sadowsky Metroline、スタイル:ロック、あまり汗をかかないタイプ
    オススメした弦:ERNIE BALL アーニー・ボール Regular Slinky .010-.046 レギュラースリンキー
  • 仮名:拓巳君21歳、学生、ギター歴1年、使用ギター:Fender American Stratocaster【フェンダーUSAストラトキャスター】、スタイル:ロック、汗っかき
    オススメした弦:Elixir エリクサー エレキギター弦 NANOWEB Super Light .009-.042
  • 仮名:修一君30歳、経営者、ギター歴15年、使用ギター:Suhr Custom Series Classic【サー カスタム シリーズ クラシック】、スタイル:ジャズ、汗っかき
    オススメした弦:Elixir エリクサー エレキギター弦 OPTIWEB Light .010-.046
  • 仮名:理生君25歳、会社員、ギター歴8年、使用ギター:Kiesel オーダーメイド【キーゼル】、スタイル:ブルース、あまり汗をかかないタイプ
    オススメした弦:D'Addario ダダリオ エレキギター弦 ニッケル Regular Light .010-.046

まとめ

スタイル、筋力、指の状態、体質、経済状況で今の自分に合った弦を選ぶ方法を身につけて下さい。

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら